準備しておきたいシンガポールのコンセント・変換プラグ&アダプター・変圧器

旅行ガイド > 海外旅行 > シンガポール旅行 > シンガポールのコンセント・変換プラグ・電圧・変圧器

<?php echo $country_ja4html; ?>の国旗

のコンセント・変換プラグ・電圧・変圧器

シンガポール旅行へ出発する前にチェックしておきたい、シンガポールのコンセント・プラグ形状、電圧のまとめ。変換プラグ や変圧器は必要?そんな疑問をまとめて解説。

シンガポールのコンセントとプラグタイプ

プラグタイプ
BFタイプ
B3タイプ
BFタイプ
BFタイプのコンセント
B3タイプ
B3タイプのコンセント

変換プラグ・アダプターは必要?

シンガポールのコンセント・電源プラグの形状は、長方形の穴が3つあるBFタイプが一般的です。また一部ではB3タイプも見られます。日本の電気製品はAタイプなので、シンガポールで使う場合には変換プラグ(アダプター)が必要です。BFタイプはイギリスでも採用されています。

シンガポールの電圧

電圧
230V
周波数
50Hz

変圧器は必要?

シンガポールの電圧は200~240V(ボルト)で、230Vが一般的です。日本の電気製品をシンガポールで使うときには、変圧器が必要です。ただし製品やその充電器が230Vに対応している場合には、変圧器が不要です。iPhoneなどの携帯端末、パソコン、デジカメの充電器は、230Vに対応している場合もあります。

シンガポールと同じプラグ形状の国

シンガポールと同じプラグタイプ・コンセントの形状を採用している国・地域はこちら。電圧に違いがある場合は、変圧器が必要になることがあります。

BFタイプのプラグ・コンセントの国々

地域電圧周波数
ヨーロッパイギリス240V50Hz
ヨーロッパアイルランド220V50Hz
東南アジアマレーシア220V50Hz
東南アジアブルネイ230V50Hz
ヨーロッパジブラルタル230~240V50Hz
ヨーロッパサンマリノ220V50Hz

B3タイプのプラグ・コンセントの国々

地域電圧周波数
東南アジアミャンマー220~240V50Hz
ヨーロッパトルコ220V50Hz
ヨーロッパマルタ230V50Hz

旅行ガイドTOP > 海外のコンセント・電源プラグ・電圧 > シンガポールのコンセント・変換プラグ・電圧・変圧器