スイスでは何歳からお酒を飲める?

旅行ガイド > 海外旅行 > ヨーロッパ旅行 > スイス旅行 > スイスの飲酒・喫煙年齢

スイスで飲酒できる年齢・喫煙できる年齢

スイスでは何歳からお酒・アルコールが飲める?何歳からタバコが吸える?飲酒と喫煙の年齢制限など現地の事情を紹介。

飲酒・アルコールの年齢制限

アルコールは 16歳以上または18歳以上

アルコール度数15%以下の醸造酒や18%以下のワインは16歳以上、蒸留酒は18歳以上から酒類の購入が認められている。ティチーノ州では18歳のみ購入・飲酒が認められている。また17歳未満が国外から酒類を持ち込むことはできない。

購入
16歳以上または18歳以上
飲酒
なし

喫煙・タバコの年齢制限

タバコは 16歳以上または18歳以上

スイスでは州によってタバコが購入できる年齢が異なる。チューリッヒやルツェルンでは16歳以上、ベルンでは18歳以上となっている。また17歳未満が国外から持ち込むことはできない。

購入
16歳以上または18歳以上
喫煙
なし

日本人もスイスの法律が適用される?

日本人であっても海外で他の国に滞在中は、その国の法律が適用されます。 日本で未成年であってもお酒が飲めたり、20歳以上であってもお酒が飲めなかったりするので、スイスの法律を確認しておきましょう。

[未成年の方へ] 日本でお酒を飲んだことがない方は、海外での飲酒には慎重になるほうが無難です。 アルコールが合わない体質の可能性もあるので、無理な飲酒は控えておきましょう。

喫煙・タバコについて

当ページの掲載内容は、スイスでの喫煙やタバコを推奨するものではありません。 喫煙者本人や周囲の非喫煙者への健康影響については世界各国で懸念されています。

喫煙が健康に及ぼす悪影響については、長い研究の歴史があり、今日においては多くの研究成果が蓄積しています。その結果、喫煙者に、がん、心臓病、脳卒中、肺気腫、喘息、歯周病等、特定の重要な疾病の罹患率や死亡率等が高いこと、及びこれらの疾病の原因と関連があることは多くの疫学研究等により指摘されています。

旅行ガイド > 飲酒年齢・喫煙年齢 > スイスの飲酒年齢・喫煙年齢

» ページ上部へ戻る