空港税はいくらかかる?

旅行ガイド > 世界の空港 > 日本の空港税・施設使用料

日本の空港税・施設使用料と出国税

空港から出発・到着するときに支払い必要がある空港税(旅客施設使用料)のまとめ。主要空港の料金を掲載しています。2019年1月7日から適用される出国税も掲載。

日本の国内線旅客施設使用料(PFC)

成田空港では2015年4月8日ご搭乗分よりから実施しています。 英語の PFC は Passenger Facility Charge の略称です。

空港大人小人
羽田290円140円
成田440円220円
関西(出発)310円150円
関西(到着)310円150円
中部310円150円
北九州100円50円

※大人は満12歳以上、小人は満3歳以上満12歳未満

国際線の旅客サービス施設使用料(PSFC)

日本の空港から国際線で出発する際に必要な旅客サービス施設使用料(PSFC)の一覧です。 PSFC は 出発時に適用される場合がほとんどですが、乗継や到着で別料金となる空港があります。 旅客取扱施設利用料と呼ばれることもあります。 英語の PSFC は Passenger Service Facility Charge の略称です。

空港大人小人
羽田(出発)2,570円2,570円
羽田(乗継)1,280円640円
成田(第1・2ターミナル出発)2,090円1,050円
成田(第3ターミナル出発)1,020円510円
成田(乗継,第1・2出発)1,050円520円
成田(乗継,第3出発)510円250円
関西(第1ターミナル)2,730円1,370円
関西(第2ターミナル国際線)1,230円1,230円
関西(第2ターミナル国内線)出発410円,到着360円出発410円,到着360円
中部2,570円1,290円
新千歳1,030円520円
福岡970円490円
那覇1,000円500円
茨城520円260円

国際線の旅客保安サービス料(PSSC)

テロ対策や空港の安全を目的として一部の空港では、旅客保安サービス料を設定しています。 PFCやPSFCと同様に、料金は航空券と一緒に航空会社へ支払います。 英語の PSSC は Passenger Security Service Charge の略称です。

空港大人小人
羽田なしなし
成田520円520円
関西(第1ターミナル)310円310円
関西(第2ターミナル国際線)310円310円
中部340円(2019年9月1日から)340円(2019年9月1日から)
福岡なしなし

空港ウェブサイトで最新情報を確認しよう

出国税(国際観光旅客税)

2019年1月7日から適用される税金で、海外へ出国するときに徴収される。 支払い方法は「オンチケット方式」で、航空券購入(発券)、ツアー商品の支払いするときに加算される。 対象は2019年1月7日以降に購入・発券するチケットが対象となるが、1月7日以前の分が対象となる例外もある。

税金大人小人幼児(2歳未満)
国際観光旅客税1,000円1,000円非課税
» ページ上部へ戻る