フィンランドの首都はどこ?

旅行ガイド > 海外旅行 > 北欧旅行 > フィンランド旅行 > フィンランドの首都

フィンランドの首都

フィンランドの首都はどこ?気になる首都・ヘルシンキの基本情報、旅行に便利な豆知識を掲載。

首都はヘルシンキ

フィンランドの首都はヘルシンキであり、フィンランド最大の都市でもある。北欧旅行でも人気のある都市で、日本からも直行便が飛んでいることから北欧観光の拠点にもなっている。

英語表記
Helsinki
現地語表記
Helsinki(フィンランド語)

位置・場所と地図

南北に長い国土を有するフィンランドだが、首都のヘルシンキは南端に位置している。フィンランド湾に面しており、湾の対岸にはエストニアの首都タリン、湾の東岸にはロシアのサンクトペテルブルク、また西方のバルト湾岸にはスウェーデン首都ストックホルムがある。日本からは直行便が就航しており、飛行時間も約10時間とヨーロッパでは比較的近い。

首都の歴史

1550年にスウェーデン国王が建設したのが街のはじまり。ヘルシンキが首都となったのは1812年。スウェーデンとロシアの戦争の結果、ロシア帝国の自治大公国となったフィンランドの首都となった。フィンランドは1917年に独立した。

基本情報

お金アイコン
通貨
ユーロ
言語・公用語
フィンランド語,スウェーデン語
時差・時間
UTC+2(東ヨーロッパ時間)
人口
約614,000人
面積
770.26km²(東京都は2,188km²)
電源プラグ・コンセント
C, F

空港

3レター空港名
HELヘルシンキ・ヴァンター国際空港(Helsinki Airport)
HEMヘルシンキ・マルミ空港(Helsinki-Malmin )

日本から何時間?

日本からヘルシンキへの飛行時間は平均で約10時間20分(出発地や便、時期により異なります)。

関連ページ

旅行ガイド > 世界各国の首都 > フィンランドの首都

» ページ上部へ戻る