シンガポールのコンセント・変換プラグ&アダプター・変圧器

旅行ガイド > 海外旅行 > 東南アジア旅行 > シンガポール旅行 > シンガポールのコンセント・変換プラグ・電圧・変圧器

シンガポールのコンセント・変換プラグ・電圧・変圧器

シンガポール旅行へ出発する前にチェックしておきたい、シンガポールのコンセント・プラグ形状、電圧のまとめ。変換プラグ や変圧器は必要?そんな疑問をまとめて解説。

シンガポールのコンセントとプラグタイプ

Cタイプ
Cタイプのコンセント
Gタイプ
Gタイプのコンセント
Mタイプ
Mタイプのコンセント

変換プラグ・アダプターは必要?

シンガポールのコンセント・電源プラグの形状は、長方形の穴が3つあるGタイプ(BF)が一般的です。また一部ではB3タイプも見られます。日本の電気製品はAタイプなので、シンガポールで使う場合には変換プラグ(アダプター)が必要です。Gタイプ(BF)はイギリスでも採用されています。

シンガポールの電圧

電圧
230V
周波数
50Hz

変圧器は必要?

シンガポールの電圧は200~240V(ボルト)で、230Vが一般的です。日本の電気製品をシンガポールで使うときには、変圧器が必要です。ただし製品やその充電器が230Vに対応している場合には、変圧器が不要です。iPhoneなどの携帯端末、パソコン、デジカメの充電器は、230Vに対応している場合もあります。

シンガポールと同じプラグ形状の国

シンガポールと同じプラグタイプ・コンセントの形状を採用している国・地域はこちら。電圧に違いがある場合は、変圧器が必要になることがあります。

Cタイプのプラグ・コンセントの国々

地域電圧周波数
ヨーロッパスイス220V50Hz
東南アジアフィリピン220V60Hz
南米ペルー220V60Hz
オセアニアフランス領ポリネシア220V60Hz
アフリカアンゴラ230V50Hz
南米ボリビア115V, 230V50Hz
アフリカガボン220V50Hz
アフリカギニアビサウ220V50Hz

Gタイプのプラグ・コンセントの国々

地域電圧周波数
ヨーロッパイギリス240V50Hz
ヨーロッパアイルランド220V50Hz
東南アジアカンボジア220V50Hz
東南アジアブルネイ230V50Hz
ヨーロッパマルタ230V50Hz
ヨーロッパジブラルタル230~240V50Hz
オセアニアソロモン諸島230~240V50Hz
南アジアスリランカ230V50Hz
中東カタール240V50Hz
中東アラブ首長国連邦220V,240V50Hz
カリブ諸島グレナダ230V50Hz
中米ベリーズ110V,220V60Hz
カリブ諸島セントルシア240V50Hz
アフリカモーリシャス230V50Hz
中東バーレーン230V50Hz
東ヨーロッパキプロス240V50Hz
カリブ諸島ドミニカ230V50Hz
アフリカガンビア230V50Hz
アフリカガーナ230V50Hz
中東イラク230V50Hz
アフリカケニア240V50Hz
中東クウェート240V50Hz
中東レバノン220V50Hz
中東レバノン220V50Hz
アフリカマラウイ230V50Hz

Mタイプのプラグ・コンセントの国々

地域電圧周波数
東南アジアマレーシア220V50Hz
南アジアブータン230V50Hz
南アジアインド115V,230V,240V50Hz
南アジアネパール115V,220V50Hz
南アジアパキスタン110V,230V50Hz
アフリカボツワナ230V50Hz
中東イスラエル230V50Hz
アフリカレソト220V50Hz

関連ページ

海外のコンセント・電源プラグ・電圧 > 東南アジアのコンセント・変換プラグ・電圧・変圧器 > シンガポールのコンセント・変換プラグ・電圧・変圧器

» ページ上部へ戻る