ホテルの英語表現

旅行ガイド > 英語表現・フレーズ > 空気清浄機・加湿器は英語でなんて言う?

空気清浄機・加湿器は英語でなんて言う?

今回は海外のホテルでもあるか気になる「空気清浄機」の英語での言い方をチェックしていきます。他の言い方や関連ワードもまとめて見ていきましょう。

空気清浄機は英語で air purifier または air cleaner

日本では住宅やオフィスでも一般的な「空気清浄機」は、英語で "air purifier" または "air cleaner" と言います。

Air purifiers are provided in all guest rooms.
すべての客室に空気清浄機を用意しています。

また「空気清浄」のことを英語で "air purification" と言います。

ではメーカー別に空気清浄機の英語表記をチェックしてみましょう。

航空会社名称
ダイキンair purifier
パナソニックair purifier
シャープair purifier
フィリップス(オランダ)air purifier
ブルーエア(スウェーデン)air purifier
ダイソン(イギリス)air purifier
ラビットエアー(アメリカ)air purifier

日本、ヨーロッパのメーカーもすべて "air purifier" という英語表記を使っており、総称として複数形で "air purifiers" と使っています。

ちなみに米国家電製品協会(AHAM)が定めている CADR(Clean Air Delivery Rate)は「クリーンエア供給率」という意味で、「空気清浄機が1分間あたりに供給する清浄な空気の量を表した指標」です。

AHAMでは、ウェブサイトや資料で "air cleaners" のほうを多用しています。

加湿器は英語で humidifier

空気清浄機には加湿機能が付いた加湿空気清浄機がありますね。また加湿だけの「加湿器」も一般的です。

この「加湿器」または「加湿機」のことを英語で "air humidifier" または単に "humidifier" と言います。

また「加湿」のことを "humidification" と言います。

近年は飛行機や電車にも空気清浄機

日本では、空気清浄機が一般家庭やオフィス、店舗など様々な場所に普及していますが、乗り物にも空気清浄機能を搭載されています。

飛行機では、2011年9月にANA(全日空)がローンチカスタマーとして世界に先駆けて受領したボーイング787に、外気を取り入れて機内へきれいな空港を供給する浄化システムが搭載されています。

B787など航空機の空気調和システム(空調システム)は、"air conditioning system" といった表現も使われています。

JR東日本では、2006年12月にJR中央線へ導入したE233系で、一般形電車としてはじめて空気清浄機を搭載。以後、多くのJR・私鉄車両にも導入されています。

ここまで「空気清浄機」の英語表現を見てきましたが、まずは "air purifier" と "air cleaner" の2つ、「加湿機」では "humidifier" を覚えておきましょう。

» ページ上部へ戻る