海外旅行の英語表現

旅行ガイド > 英語表現・フレーズ > 免税や免税店は英語でなんて言う?

免税や免税店は英語でなんて言う?

今回は海外旅行で楽しめるショッピング「免税店」の英語での言い方をチェックしていきます。他の言い方や関連ワードもまとめて見ていきましょう。

免税店は英語で duty-free shop

海外の空港でよく見かける免税店、英語では "duty-free shop" と言うのが一般的です。

"duty" には「関税」という意味があり、これが "free" になる、つまり「無税の」や「免税の.」という意味が加わり、"duty-free shop" で「免税店」の意味になります。

ハワイやグアム、沖縄にある免税店チェーンの「DFS」は、まさにこの "duty-free shop" の頭文字が由来です。

tax-free も同じ意味?

それでは他の言い方もチェックしておきましょう。

他の「免税」の意味で一般的なのが "tax-free" です。

"tax" も「税金」という意味なので、"tax-free" で「税金が免除」といった意味になります。

実は日本での「免税店」とは正式には「輸出物品販売場」と呼ばれる形態です。

では "duty-free" と "tax-free" の違いをチェックしておきましょう。

"duty-free" とは「外国製品を日本に輸入するときに課せられる関税を免除する」こと。

"tax-free" とは「外国人旅行者等の非居住者のために消費税を免除する」になります。

つまり「関税が免除」されるか「消費税が免除」されるかといった違いがあります。

どちらも「税」が免除されるので、日本語ではどちらも「免税」という言葉が使われています。

免税手続きは英語で tax refund

ヨーロッパ旅行で、ヨーロッパ以外に在住の人が、EU諸国で買い物をした場合、帰国時に付加価値税(VAT)の払い戻し(タックスリファンド)を受けることができます。

この「免税手続き」のことを英語で "tax refund" や "VAT Refunds" と言います。

その手続きにおいて必要になる書類は "Tax Free Shopping Cheque" と呼ばれています。

ここまで「免税」についての英語表現を見てきましたが、日本語では "tax-free" も "duty-free" も「免税」の意味になることを覚えておきましょう。ただし実際には少し意味が異なるので、その違いを認識しておきましょう。

» ページ上部へ戻る