乗り物の英語表現

旅行ガイド > 英語表現・フレーズ > 地下鉄は英語でなんて言う?世界の都市の名称をチェック!

地下鉄は英語でなんて言う?世界の都市の名称をチェック!

今回は、地下鉄の英語での言い方をチェックしていきます。イギリス英語、アメリカ英語によって言い方があるので、まとめて見ていきましょう。

地下鉄はイギリス英語で underground

日本では大都市圏で一般的な地下鉄ですが、海外にももちろん地下鉄が走っています。

世界で最初の地下鉄が開業したのはイギリスのロンドン。そのイギリスでは「地下鉄」のことを英語で "underground" と言います。

イギリスで地下鉄の路線網が発達している都市はロンドンのみですが、英語では "London Underground"、また愛称で "Tube" と呼ばれるのも一般的です。

take the Tube
チューブ(ロンドン地下鉄)に乗る

また、"underground" は「地下」とう意味なので、「地下を走る鉄道」という意味で "underground railway" とすることもできます。

ただし "Underground Railroad" とすると、19世紀のアメリカで、黒人奴隷の亡命を手助けした秘密結社「地下鉄道(地下鉄組織)」の意味にもなります。

アメリカ英語では subway

アメリカ英語で「地下鉄」は "subway" が一般的です。

Where is the closest subway station?
最寄りの地下鉄駅はどこですか?

地下鉄のある都市は多くありませんが、ニューヨークやワシントンDC、また他の都市でも地下区間を走る都市がいくつかあります。

余談ですが、サンドウィッチ店の「サブウェイ」は、潜水艦型のサブマリンサンドイッチを意味する "submarine sandwich" と「あなたのやり方で」を意味する "your way" が名前の由来とされており、地下鉄とは関係ありません。

metro は英語?

では次に日本でも「東京メトロ」や「大阪メトロ」でおなじみの "metro" を見てみましょう。

まず "metro" とは「首都の」や「大都市の」を意味する "metropolitan" の略です。

1863年に世界で最初に開業した地下鉄、パディントン駅~ファリンドン駅のメトロポリタン鉄道でした。その「メトロポリタン鉄道」の「メトロ」が由来となっています。

地下鉄に「メトロ」の愛称を使ったのはフランスのパリで、それ以降、世界各国や日本でも「メトロ」が使われるようになりました。

MRT ってなに?

世界の都市を見ると "MRT" という名称も見られます。

これは "Mass Rapid Transit" の略で、台湾の台北、シンガポール、インドのデリーなどでも使われます。

地下区間だけでなく、地上区間を走ることも多いため、「大量旅客輸送機関」を意味する "Mass Rapid Transit" が使われています。

また "Rapid Transit" を使った名称も見られ、例えばサンフランシスコの "Bay Area Rapid Transit (BART)"、ドバイの "Dublin Area Rapid Transit (DART)"、台湾・高雄の "Kaohsiung Rapid Transit System (KRTC)" などがあります。

都市によって異なる愛称・名称

では最後に都市別の名称を見てみましょう。

国・都市名称
アメリカ・サンフランシスコMuni Metro
アメリカ・ニューヨークシティNew York City Subway
イギリス・ロンドンTube
スペイン・マドリッドMadrid Metro
フランス・パリMetro
ブラジル・サンパウロSão Paulo Metro
韓国・ソウルSeoul Metro
東京Tokyo Metro
大阪Osaka Metro

英語圏のみならず、フランス語圏、スペイン語圏、ポルトガル語圏でも "Metro" の愛称・名称が使われているのがわかります。そして日本でも東京・大阪は「メトロ」ですね。

「地下鉄」を「英語」で言うなら、"subway"、"metro" が一般的。そしてロンドンでは "Tube" と呼ばれることを覚えておくと便利です。

» ページ上部へ戻る