世界で話されている言語は何種類?

旅行ガイド > 海外旅行 > 世界の言語

世界の言語・種類

世界にはどんな言語がある?国・地域ごとに使われている言語の一覧を掲載。英語からハワイ語まで幅広く紹介。

語族

インド・ヨーロッパ語族

  • 英語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • フランス語

シナ・チベット語族

  • 中国語
  • ビルマ語
  • チベット語

言語と話されている国・地域

英語

  • イギリス
  • アメリカ合衆国
  • ハワイ
  • グアム
  • カナダ
  • シンガポール
  • オーストラリア
  • ニュージーランド

スペイン語

  • スペイン
  • イビサ島
  • メキシコ
  • キューバ
  • コスタリカ
  • アルゼンチン
  • ペルー
  • チリ

ポルトガル語

  • ポルトガル
  • ブラジル
  • アンゴラ
  • サントメ・プリンシペ
  • 赤道ギニア

フランス語

  • フランス
  • モナコ公国
  • ニューカレドニア
  • タヒチ
  • カナダ
  • ベルギー
  • スイス
  • ルクセンブルク
  • ハイチ

イタリア語

  • イタリア
  • サンマリノ
  • バチカン
  • スイス

イタリアはもちろん、ローマ市内に囲まれているバチカン、イタリア半島の中東部に位置するサンマリノ、スイス南部でも話されている。

中国語

  • 中国
  • 香港
  • マカオ
  • 台湾
  • シンガポール

アラビア語

  • ドバイ
  • アブダビ
  • エジプト

中東、アフリカで広く話されている。 旅行でも人気のドバイ(アラブ首長国連邦)やエジプトなどでもアラビア語が使われている。

ヒンディー語

  • インド

ヒンディー語はインドで使われている言語。 主に中部や北部で話されている。 インドには地方により言語や方言が多いため、様々な言葉が使われている。

地域別の主要言語

東南アジアの言語

東南アジアでは国や地域ごとに異なる言語が話されているが、マレー語とインドネシア語にように共通点が多い言語もある。 シンガポールでは英語や中国語が使われている。

北欧の言語

北欧では国ごとに言語が異なる。 また場所によっては他の国の言語が使われている。

太平洋地域の言語

パラオではパラオ語が使われている。 また太平洋・オセアニアでは、先住民の言語が残っている地域がある。 英語が一般的なハワイ州でもハワイ語、グアムではチャモロ語、タヒチではタヒチ語も使われている。

各国の英語

  • 米語
  • シングリッシュ
  • オーストラリア英語
  • スコットランド英語

世界中で話されている英語は、国や値域によって独自の言い回しや単語が使われている。 アメリカの米語、シンガポールのシングリッシュ(Singlish)、オーストラリア英語などがある。 英語と現地の言語が混合した英語は「ピジン英語(Pidgin)」と呼ばれている。

» ページ上部へ戻る