フィンランド旅行に必要な日数は?

旅行ガイド > 海外旅行 > 北欧旅行 > フィンランド旅行 > フィンランド旅行の日数

フィンランド旅行の日数は何泊がおすすめ?

フィンランド旅行を楽しめるおすすめの日数を解説。何泊何日が最適な長さかが分かります。

フィンランド

フィンランドを楽しむ必要日数のポイント

飛行時間が短めのヘルシンキへは直行便がおすすめ

オーロラを観に行くなら4泊以上で余裕のあるスケジュールに

5泊7日あれば周辺国と合わせての周遊もおすすめ

2泊4日(4日間)

日本からのヘルシンキへは直行便での飛行時間は10時間ほどで、ヨーロッパの中では比較的近く感じるフィンランド。1泊3日も不可能ではありませんが、現実的には2泊4日が最短の旅程です。1日目の午後に到着、2日目に観光、3日目の午後に出発、時差と飛行時間のの関係で帰国は4日目となります。

1日目(午前発)2日目3日目(午後発)4日目
飛行機フィンランド滞在飛行機

3泊5日(5日間)

フィンランド旅行で人気があるのが、それほど長くない旅程の3泊5日です。パッケージツアーのプランでも、ヘルシンキだけなら現地3泊の商品が多く見られます。到着日の1日目の夜、2日目、3日目、4日目夕方の出発まで観光やショッピング、グルメを楽しめます。ヘルシンキは日本からの飛行時間が10時間ほどと、直行便のメリットがある都市なので、フィンエアーかJALの直行便利用が人気です。

1日目(午前発)2日目3日目4日目(午後発)5日目
飛行機フィンランド滞在飛行機

4泊6日(6日間)

フィンランドを満喫するなら4泊以上あると余裕のある旅程になります。またヘルシンキだけなく、北極圏までオーロラを観に行くツアーも4泊6日からがおすすめです。4泊あれば現地で終日自由時間のある日が3日間もあるので、ヘルシンキだけなら思う存分観光できるスケジュールです。

5泊7日(7日間)

5泊7日なら合計で7日間、ちょうど1週間の旅程です。例えば、ヘルシンキに3泊、ロヴァニエミに2泊など、複数都市の滞在でも余裕が出てきます。またヘルシンキに3泊、スウェーデンやノルウェー、リトアニアなどの周辺国へ足を延ばすことも。ヘルシンキだけでのんびり観光するのも人気ですが、北欧をもう1カ国加えてみるのもおすすめです。

サンタクロース村のあるロヴァニエミ
サンタクロース村のあるロヴァニエミ

時差と飛行時間

旅程の長さと現地の滞在時間には、日本からの飛行時間と時差も参考になります。

時計アイコン
時差・時間・サマータイム
日本とフィンランドの時差や計算方法、現地時間、サマータイム。
時計アイコン
飛行時間・直行便
日本からフィンランドへの飛行時間・所要時間の一覧。

関連ページ

海外旅行の日数・期間 > フィンランド旅行の日数

» ページ上部へ戻る