フランス領ポリネシア旅行に必要な日数は?

旅行ガイド > 海外旅行 > オセアニア旅行 > フランス領ポリネシア旅行 > フランス領ポリネシア旅行の日数

フランス領ポリネシア旅行の日数は何泊がおすすめ?

フランス領ポリネシア旅行を楽しめるおすすめの日数を解説。何泊何日が最適な長さかが分かります。

フランス領ポリネシア

フランス領ポリネシアを楽しむ必要日数のポイント

タヒチ旅行は4泊6日、6日8日が定番の日数

8泊以上ならタヒチ島パペーテを含む3島周遊も

4泊6日(6日間)

タヒチ旅行のパッケージツアーで販売されているプランでは、4泊6日が最短となるのがほとんど。タヒチへのアクセスは、エアタヒチヌイの直行便を利用するのが一般的で、運航曜日の関係で4泊6日が定番となっています。人気のボラボラ島やモーレア島などで3泊、帰りにタヒチ島のパペーテで1泊してから日本へ帰る旅程となります。

6泊8日(8日間)

少し長めにタヒチに滞在するなら6泊8日の旅程もおすすめです。水上バンガロー(水上コテージ)のあるボラボラ島やモーレア島、ランギロア島、ティケハウ島のリゾートに滞在して、スパやシュノーケリングなどのアクティビティを満喫できます。

8泊10日(10日間)

1週間以上のタヒチ旅行なら3島以上を周遊するスケジュールでも余裕がでてきます。パッケージツアーなら定番のボラボラ島+モーレア島+パペーテ(タヒチ島)の3島、ボラボラ島+ランギロア島+パペーテなど、個人旅行ならツアーでなかなか行けいない島を検討してみてはいかがでしょうか。

時差と飛行時間

旅程の長さと現地の滞在時間には、日本からの飛行時間と時差も参考になります。

時計アイコン
時差・時間・サマータイム
日本とフランス領ポリネシアの時差や計算方法、現地時間、サマータイム。
時計アイコン
飛行時間・直行便
日本からフランス領ポリネシアへの飛行時間・所要時間の一覧。

関連ページ

海外旅行の日数・期間 > フランス領ポリネシア旅行の日数

» ページ上部へ戻る