アイスランド旅行に必要な日数は?

旅行ガイド > 海外旅行 > 北欧旅行 > アイスランド旅行 > アイスランド旅行の日数

アイスランド旅行の日数は何泊がおすすめ?

アイスランド旅行を楽しめるおすすめの日数を解説。何泊何日が最適な長さかが分かります。

アイスランド

アイスランドを楽しむ必要日数のポイント

ブルーラグーン&ゴールデンサークルなら3泊5日から楽しめる

ツアーやレンタカーで1周するなら4泊以上が目安に

1週間以上あるなら北欧周遊も定番コース

3泊5日(5日間)

アイスランド旅行のパッケージツアーで販売されているプランで、一般的に最短となるのが3泊5日の旅程です。現地での観光できるのはほぼ2日目、3日目のみとなるので、レイキャヴィークとブルーラグーン、人気観光スポットが点在するゴールデンサークルへの日帰りツアーを利用するのが定番です。また季節によっては日照時間が大きく変わるアイスランドでは、冬季はとくに観光できる日中の時間が短くなります。

4泊6日(6日間)

4泊6日ならレイキャビークを拠点に、ブルーラグーンのあるレイキャネス半島、氷河や滝など景勝地が点在するサウスコースト(南岸)はもちろん、ノースコースト(北岸)まで足を延ばして、美しい街並みが魅力のアークレイリに滞在するのもおすすめです。パッケージツアーなら周遊するコースを選んでみるのはいかがでしょうか。個人旅行ならレンタカーを借りて1周することもできます。

アイスランド観光の拠点になるレイキャビーク
アイスランド観光の拠点になるレイキャビーク

5泊7日(7日間)

アイスランドを満喫するなら1週間前後の旅行がおすすめです。有名な観光名所をめぐり、季節によってはオーロラ鑑賞やホエールウォッチングといったオプショナルツアーを楽しむ余裕も出てきます。個人旅行ならファームステイをしてみたり、オリジナルのアイスランド旅行を組み立てることもできます。レンタカーで1周すれば、氷河やフィヨルド、滝や欠泉地帯などの大自然を満喫できます。

6泊8日(8日間)

1週間以上の日数があれば、アイスランドだけでなく、飛行機を乗り継ぐフィンランドやデンマークなどと合わせて北欧周遊旅行を楽しむのも定番です。さらに足を伸ばしてグリーンランドを組み立てたツアーも設定されています。

時差と飛行時間

旅程の長さと現地の滞在時間には、日本からの飛行時間と時差も参考になります。

時計アイコン
時差・時間・サマータイム
日本とアイスランドの時差や計算方法、現地時間、サマータイム。
時計アイコン
飛行時間・直行便
日本からアイスランドへの飛行時間・所要時間の一覧。

関連ページ

海外旅行の日数・期間 > アイスランド旅行の日数

» ページ上部へ戻る