シンガポール旅行に必要な日数は?

旅行ガイド > 海外旅行 > 東南アジア旅行 > シンガポール旅行 > シンガポール旅行の日数

シンガポール旅行の日数は何泊がおすすめ?

シンガポール旅行を楽しめるおすすめの日数を解説。何泊何日が最適な長さかが分かります。

シンガポール

シンガポールを楽しむ必要日数のポイント

飛行機の発着時刻によってシンガポールでの滞在時間が大きく変わる

羽田発の深夜便を利用すれば仕事帰りでも出発できる

機内泊があるフライトは時差の関係で日本到着日に注意

1泊3日

パッケージツアーではほとんど設定がありませんが、1泊3日でのシンガポールも不可能ではありません。往復の機内泊で2泊、現地のホテルに1泊など、フライトの出発時刻によって調整してみましょう。羽田発の深夜便を利用すると、現地で2日間は観光することもできます。

2泊4日(4日間)

現地ホテルに2泊、帰りの現地出発が夜の便なら機内泊を含む2泊4日。シンガポール到着日の時刻にもよりますが、到着日の1日目、2日目、3日目の出発までが自由時間になります。シンガポール観光を楽しむには短すぎるとも言えますが、ちょっとした休暇を海外で過ごすには悪くありません。豪華ホテルに2泊という滞在も人気です。

3泊5日(5日間)

シンガポール旅行で人気の長さがこの3泊5日です。到着日の1日目、2日目と3日目に終日観光を満喫でき、4日目が現地出発日となります。4日目の出発時刻が遅ければ、チャンギ国際空港に向かうまで観光やショッピングが楽しめます。帰りのフライトが機内泊になる旅程が一般的です。

4泊6日(6日間)

4泊6日なら面積の小さいシンガポールは存分に楽しめます。セントーサ島の観光に丸一日あてることができ、シー・アクアリウム(水族館)はもちろん、ユニバーサル・スタジオに行くことも検討できます。また余裕ができる2日目、3日目、4日目の夜に、動物園のナイトサファリへ行くのもおすすめです。

5泊以上

5泊以上するとシンガポールの思う存分、観光することできます。シンガポール島のホテル、セントーサ島のホテルなど、2箇所以上のホテルを検討してみても良いでしょう。シンガポールから近いインドネシアのビンタン島などへ足を延ばしてみるのもおすすめです。

時差と飛行時間

旅程の長さと現地の滞在時間には、日本からの飛行時間と時差も参考になります。

時計アイコン
時差・時間・サマータイム
日本とシンガポールの時差や計算方法、現地時間、サマータイム。
時計アイコン
飛行時間・直行便
日本からシンガポールへの飛行時間・所要時間の一覧。

関連ページ

海外旅行の日数・期間 > シンガポール旅行の日数

» ページ上部へ戻る