スウェーデン旅行に必要な日数は?

旅行ガイド > 海外旅行 > 北欧旅行 > スウェーデン旅行 > スウェーデン旅行の日数

スウェーデン旅行の日数は何泊がおすすめ?

スウェーデン旅行を楽しめるおすすめの日数を解説。何泊何日が最適な長さかが分かります。

スウェーデン

スウェーデンを楽しむ必要日数のポイント

ストックホルムだけなら3泊5日から観光を楽しめる

5泊前後ならフィンランドやデンマークとの2カ国周遊も定番コース

バルト海を渡ってフィンランドやエストニア、ラトビアへの周遊も魅了的

3泊5日(5日間)

スウェーデン旅行のパッケージツアーで販売されているプランで、一般的に最短となるのが3泊5日の旅程です。首都ストックホルムに滞在するのが定番で、北欧のヴェネツィアとも呼ばれる美しい街を観光することができます。現地での自由時間は、2日目と3日目のみですが、博物館や美術館、動物園のあるユールゴーデン島などが楽しめます。

4泊6日(6日間)

景観の美しいストックホルムを満喫するなら4泊以上で余裕のあるスケジュールが期待できます。点在する数々の博物館をゆっくりめぐったり、北欧雑貨のお店に立ち寄りながら街を散策するのはいかがでしょうか。個人旅行ならデンマークのコペンハーゲンから特急「スカンジナビア特急」で移動するのもおすすめです。

5泊7日(7日間)

ストックホルムで5泊あれば有名な観光名所はもちろん、ゆっくり街を探索したり、運河クルーズを楽しむ時間も十分。また飛行機をフィンランドのヘルシンキやデンマークのコペンハーゲンで乗り継ぐコースも多く、ストックホルム+ヘルシンキ、ストックホルム+コペンハーゲンといった北欧2カ国の周遊も定番です。またタリンクシリヤラインのバルト海クルーズを利用して、フィンランドのヘルシンキやトゥルク、エストニアのタリン、ラトビアのリガなどへ足を延ばすみるのはいかがでしょうか。

時差と飛行時間

旅程の長さと現地の滞在時間には、日本からの飛行時間と時差も参考になります。

時計アイコン
時差・時間・サマータイム
日本とスウェーデンの時差や計算方法、現地時間、サマータイム。
時計アイコン
飛行時間・直行便
日本からスウェーデンへの飛行時間・所要時間の一覧。

関連ページ

海外旅行の日数・期間 > スウェーデン旅行の日数

» ページ上部へ戻る