台湾旅行に必要な日数は?

旅行ガイド > 海外旅行 > アジア旅行 > 台湾旅行 > 台湾旅行の日数

台湾旅行の日数は何泊がおすすめ?

台湾旅行を楽しめるおすすめの日数を解説。何泊何日が最適な長さかが分かります。

台湾

台湾を楽しむ必要日数のポイント

飛行機の出発時刻・到着時刻によって台湾での滞在時間が変わる

フライトの時刻を比較して航空券・ツアーを予約

台北から九份(九フン)や平渓線などへ出かけるなら余裕を

短期間で複数都市を巡るなら帰りは別の空港を検討してみては

0泊(日帰り)

日本-台湾間は毎日、直行便が数多く飛んでいるので、日帰り旅行も可能です。羽田の深夜便や朝早いフライトを利用して、帰りの台湾発を遅い便にすれば、日中は観光やショッピングを楽しめます。LCC(格安航空会社)のフライトも活用して、ちょっとした休みに海外旅行へ出かけてみてはいかがでしょうか。

1日目
飛行機台湾滞在飛行機

1泊2日

週末に海外旅行へ行くなら日本から近い台湾はおすすめです。1泊2日でもちょっとした観光やグルメ、エステなどを楽しめます。日本を出発する時刻、帰りの現地出発時刻によって滞在時間が変わってくるので、航空券をいろいろと検索してみましょう。パッケージツアーでもLCCを利用するプランなら15,000~30,000円前後での商品もあります。

1日目2日目
飛行機台湾滞在飛行機

2泊3日

台湾旅行のパックツアーで人気なのが2泊3日と3泊4日。旅程でチェックしておきたいのは、飛行機の出発時刻と到着時刻。2泊3日でも行きの現地到着時刻が遅く、帰りの現地出発時刻が早いと、観光できる自由時間は1日ちょっとしかない場合もあります。複数都市を観光するといそがしくなるので、はじめての台湾旅行なら台北周辺を観光するのがおすすめです。2日目に九份(九フン)へ行ったり、ローカル路線の平渓線を乗りに行くこともできます。

1日目2日目3日目
飛行機台湾滞在飛行機

3泊4日

余裕のあるスケジュールで台湾を満喫できるのは3泊4日から。台北を拠点として新幹線で高雄など他の都市へ足を延ばすこともできます。フライト時間についても、日本出発日が遅い時間、現地出発日が早い時間でも、2日間は丸々観光できます。

1日目2日目3日目4日目
飛行機台湾滞在飛行機

4泊5日

パックツアーでも台湾一周の旅程があるのが4泊5日以上。4泊で一周なら4都市に滞在するのが一般的なので、毎日が観光しながらの移動になります。

1日目2日目3日目4日目5日目
飛行機台湾滞在飛行機

時差と飛行時間

旅程の長さと現地の滞在時間には、日本からの飛行時間と時差も参考になります。

時計アイコン
時差・時間・サマータイム
日本と台湾の時差や計算方法、現地時間、サマータイム。
時計アイコン
飛行時間・直行便
日本から台湾への飛行時間・所要時間の一覧。

関連ページ

海外旅行の日数・期間 > 台湾旅行の日数

» ページ上部へ戻る