アメリカ旅行に必要な日数は?

旅行ガイド > 海外旅行 > 北米旅行 > アメリカ旅行 > アメリカ旅行の日数

アメリカ旅行の日数は何泊がおすすめ?

アメリカ旅行を楽しめるおすすめの日数を解説。何泊何日が最適な長さかが分かります。

アメリカ

アメリカを楽しむ必要日数のポイント

1都市だけの観光でも3泊5日からがおすすめ

1都市滞在または近場の周遊なら4泊6日からが定番

2都市周遊なら5泊以上あるとスケジュールにも余裕が出てくる

2泊4日(4日間)

アメリカ旅行のパッケージツアーで販売されているプランで、一般的に最短となるのが2泊4日の旅程です。北米は日本からの飛行時間が長く、機内泊は必須となります。2泊4日の場合、現地で観光できるのは1日目の到着後と2日目だけになる場合がほとんどです。パックツアーはもちろん個人手配でも、ロサンゼルスやニューヨーク、サンフランシスコ、シアトル、サンディエゴなど直行便のある都市が定番です。

3泊5日(5日間)

短めのアメリカ旅行では3泊5日からが一般的。短いと行っても飛行時間や時差の関係で5日間が必要になります。現地で観光できる時間は飛行機の到着時間にもよりますが、到着日の1日目、2日目、3日目のみで、4日目には現地空港を出発、日本への帰国が5日目となります。直行便がある都市のほか、カリフォルニアのディズニーランドやラスベガスへのツアーも設定されています。個人旅行なら2都市滞在も可能です。

直行便はないものの人気のラスベガス
直行便はないものの人気のラスベガス

4泊6日(6日間)

アメリカ旅行で人気なのが4泊6日からの日数。現地で終日観光できる日が3日間あるので、1都市を満喫するにはおすすめです。直行便のある大都市のほか、ラスベガス+グランドキャニオン、ロサンゼルス+ディズニーランド、サンフランシスコ+ヨセミテ国立公園、ニューヨーク+ナイアガラの滝なども定番の組合せて。また4泊以上ならフロリダのディズニーワールドへ行くも少し余裕のあるスケジュールになります。個人旅行なら鉄道やバス移動を利用して、ロサンゼルス+サンディエゴなど2都市周遊もおすすめです。

ナイアガラはアメリカ滝とカナダ滝を合わせて観光できる
ナイアガラはアメリカ滝とカナダ滝を合わせて観光できる

5泊7日(7日間)

アメリカ旅行を満喫するなら5泊あるとそれなりに観光が楽しめます。ニューヨークや周辺のエリアと合わせて見所の多いロサンゼルスなら1都市のみの滞在にも少し長めがおすすめです。またシアトル+ポートランドの北西部周遊、サンフランシスコ+ロサンゼルス+サンディエゴなどのカリフォルニア周遊、ニューヨーク+ワシントンDC+ボストンなどの東海岸周遊も楽しめます。また個人旅行なら、全土に路線網のあるバスの「グレイハウンド」や鉄道「アムトラック」を利用して、2都市以上を巡るのはいかがでしょうか。アムトラックならロサンゼルスからシカゴまで2泊3日の鉄道旅行を組み込むこともできます。

都市別の観光におすすめの日数

時差と飛行時間

旅程の長さと現地の滞在時間には、日本からの飛行時間と時差も参考になります。

時計アイコン
時差・時間・サマータイム
日本とアメリカの時差や計算方法、現地時間、サマータイム。
時計アイコン
飛行時間・直行便
日本からアメリカへの飛行時間・所要時間の一覧。

関連ページ

海外旅行の日数・期間 > アメリカ旅行の日数

» ページ上部へ戻る