国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > 富士急ハイランド、2018年7月中旬から入園料を無料に

富士急ハイランド、2018年7月中旬から入園料を無料に

富士急ハイランドは、2018年7月中旬から入園料を無料化することを発表した。

現行の入園料は、大人・中高生1,500円、小人900円となっており、アトラクションによって別途料金が必要。

人気の絶叫マシンでは「ド・ドドンパ」、「高飛車」、「ええじゃないか」、「FUJIYAMA」、ホラーアトラクションの「絶凶・戦慄迷宮~血塗られた人骨病棟~」がそれぞれ1,000円。また「絶叫優先券」も販売している。

トーマスランドの乗り物は、アトラクションにより100円~300円となっている。

また入園+アトラクション乗り放題がセットになった「フリーパス前売り券(E-TICKETS)」が、大人(18才以上) 5,300円、中高生(12〜17才) 4,900円、小人(3才〜小学生) 4,100円を用意している。

その他、通常の「フリーパス」、「アフターヌーンパス」、「フリーパス(2日間)」、「トーマスランドパス」、「シニアパス(65歳以上)」を利用することもできる。

富士急ハイランド
富士急ハイランド

富士急ハイランドを運営する富士急行株式会社では「富士急ハイランドと富士五湖周辺の様々なコンテンツとを自由に組み合わせて、 もっとたくさんの人にエリアを回遊してもらい、 これまで以上に富士山観光の楽しさ、 素晴らしさを感じていただきたいという」といった意向から今回の無料化を決めた。

富士急ハイランドは富士山の麓、河口湖近くにある人気のアミューズメントパークで、多くの絶叫マシンや乗り物、機関車トーマスなどのテーマパークで人気がある。

東京方面からは中央自動車道で隣接する河口湖インターまでアクセスできるほか、新宿駅などからの高速バスが利用できる。

また土休日を中心に、JR東日本が新宿駅から富士急行線直通「河口湖駅」行きの直通電車を運転。成田空港からも直通の成田エクスプレスを運転している。いずれも「富士急ハイランド駅」に停車する。

【富士急ハイランド】
住所:山梨県富士吉田市新西原5-6-1
営業時間:時期・曜日により変動あり

プレスリリース:富士急ハイランドは新たなステージへ 7月中旬より入園無料化(PDF)

記事カテゴリー: 山梨県 | 2018年5月9日

» ページ上部へ戻る