国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > 特急富士回遊を千葉駅発で増発、全列車が下吉田駅に停車、2020年3月14日ダイヤ改正で

特急富士回遊を千葉駅発で増発、全列車が下吉田駅に停車、2020年3月14日ダイヤ改正で

JR東日本は、2020年3月14日(土)ダイヤ改正で特急富士回遊を増発する。

E353系
E353系

またこれまで通過していた富士急行線内の下吉田駅を停車駅とする。現行ダイヤの富士急行線内の停車駅は、都留文科大学前駅、富士山駅、富士急ハイランド駅、河口湖駅。

特急富士回遊 は、JR中央本線と富士急行線を直通運転し、新宿駅と河口湖駅をダイレクトに結ぶ 特急列車。2019年3月16日ダイヤ改正で新設されたばかりだが、利用者数が好調なことから、毎日1往復を追加して、現行ダイヤの毎日2往復から3往復とする。

増発されるのは下りの「富士回遊3号」と上りの「特急富士44号」で、下りの河口湖行きは大月駅まで「特急あずさ3号」に併結される千葉駅始発、上りは大月駅から「特急あずさ44号」に併結される新宿行きとなる。

河口湖行き「富士回遊3号」の主な駅の発着時刻は、千葉駅06:38、新宿駅07:30、立川駅07:53、八王子駅08:02、大月駅08:37、富士山駅09:13、河口湖駅09:21。

新宿行き「富士回遊44号」の主な発着時刻は、河口湖駅16:51、富士山駅16:59、大月駅17:45、八王子駅18:11、立川駅18:19、新宿駅18:40。

運転車両はE353系で、特急富士回遊として富士急行線内に直通するのは3両編成。従来どおり、一部の臨時列車はE257系で運転される。

プレスリリース:2020年3月ダイヤ改正について(PDF)

記事カテゴリー

2019年12月13日

» ページ上部へ戻る