国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > ミレニアム三井ガーデンホテル東京、2014年12月17日オープン

ミレニアム三井ガーデンホテル東京、2014年12月17日オープン

三井ガーデンホテルズを展開する三井不動産ホテルマネジメントは2014年12月17日、銀座5丁目に「ミレニアム 三井ガーデンホテル 東京」をグランドオープンする。

ミレニアムのブランドは、シンガポールを拠点とする「ミレニアム アンド コプトーン ホテルズ」が世界各国で展開するもので、三井ガーデンホテルズが日本進出の第1号ホテルを手がける。

場所は東京メトロの東銀座駅と銀座駅から徒歩1~2分とアクセスが良く、銀座三越などの百貨店や歌舞伎座にも近い好立地。

地上14階、総客室数329室を誇る都市型ホテルで、地下1階には朝食の和洋ブッフェを提供するレストランを設けている。

客室タイプはセントラルダブル、スーペリアダブル、スーペリアツイン、コーナーツイン、コーナートリプル、デラックスツイン、ユニバーサルダブルを用意しており、全室が洗面と浴室を分離した設計を採用した(ユニバーサルルーム除く)。

ベッドでの寝心地にもこだわっており、全米ホテルベッドシェアNo.1の「サータ社」製のベッドや日本橋の老舗寝具工房「ロフテー」と共同開発したオリジナル快眠枕を導入した。

ミレニアム三井ガーデンホテル東京の予約は2014年8月5日から始まっており、室数限定の開業記念プランを2015年1月13日まで引き続き受け付けている。同プランの料金は、1室1名¥12,600~、1室2名(1名あたり)¥6,500~、宿泊期間は2015年1月13日までが対象となる。

ミレニアム三井ガーデンホテル東京の予約はこちら

プレスリリース:Millennium(ミレニアム)日本進出第一号店「ミレニアム 三井ガーデンホテル 東京」 2014年12月17日(水)グランドオープン(PDF)

記事カテゴリー: 国内ホテル,東京都 | 2014年11月4日

» ページ上部へ戻る