国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > ホテルインディゴ箱根強羅、日本初の「インディゴ」ブランドとして2020年1月24日に開業、水着で楽しめる大浴場も

ホテルインディゴ箱根強羅、日本初の「インディゴ」ブランドとして2020年1月24日に開業、水着で楽しめる大浴場も

インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)は2020年1月24日(金)、日本では初となる「ホテル インディゴ」ブランドのホテル 「ホテルインディゴ箱根強羅」を開業する。

ホテル外観イメージ
ホテル外観イメージ

ホテル インディゴ は、IHGのライフスタイル・ブティックブランドで2019年12月現在、ホテルインディゴ(HOTEL INDIGO)は欧米を中心に112軒のホテルを展開。ローカルカルチャーなどその土地の様子を取り入れ、ホテルごとにユニークな個性を打ち出している。

ホテルインディゴ箱根強羅は、自然豊かな箱根の魅力を凝縮したホテルで、強羅の自然や文化にインスパイアされたインテリアデザインを採用。「火」をテーマにしたオールデイダイニングレストランや箱根の清流をイメージした「水」がテーマのバーラウンジを備える。

レストラン イメージ

ホテル内には水着で楽しめるスタイリッシュな大浴場(男女共用)も良い。家族やグループ、カップルでも一緒に温泉を満喫できる。またスパトリートメントやフィットネスセンターも用意している。

客室は、4室のスイートルームを含む全98室で、全室で温泉水の和式風呂が利用できる。客室タイプは、山側のヒルサイドと早川側のリバーサイドに別れ、80室あるリバーサイドにはプライベートな露天風呂も用意する。

客室タイプ室数広さ
デラックスキングヒルサイド5室30.5
デラックスツインヒルサイド13室30.5
デラックスキングリバーサイド26室31.5
デラックスツインリバーサイド44室31.5
デラックスコーナーキング6室37.5
プレミアスイート4室64.5

客室イメージ

インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)は、世界約100ヶ国に5,800ホテル、 865,000室を展開。日本で IHG・ANA・ホテルズグループジャパ が、ラグジュアリーブランドのインターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ、アップスケールブランドのクラウンプラザ ホテルズ&リゾーツ、メインストリートブランドのホリデイ・インを展開している。

■ホテtル概要
名称:ホテルインディゴ箱根強羅
所在地:〒250-0402 神奈川県足柄下郡箱根町木賀924番1
開業日:2020年1月24日(金)

■アクセス
JR「小田原」駅より無料シャトルバスで約40分
箱根登山バス「宮城野橋」バス停より徒歩約2分
箱根登山鉄道「強羅駅」より無料シャトルバスで約4分
箱根登山鉄道「強羅」駅より徒歩約15分
箱根登山鉄道は2020年秋頃まで長期運休中

記事カテゴリー

2019年12月19日

» ページ上部へ戻る