国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > ホテル日航大阪、大規模な客室リニューアルを計画

ホテル日航大阪、大規模な客室リニューアルを計画

大阪・心斎橋のホテル日航大阪は、2014年上期より客室リニューアルを開始する「客室改装3ヶ年計画」を発表した。

改装計画の詳細は後日発表となっているが、客室の約半数がリニューアルの対象となる大規模な改装が実施される。

1982年に開業したホテル日航大阪は、地上32階建、客室数635室を誇るJALホテルズのフラッグシップホテル。2014年にはJALホテルズではじめてユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアライアンスホテルとなった。

地下鉄御堂筋線、長堀鶴見緑地線の心斎橋駅に直結したアクセスの良いホテルで、ビジネスや観光に便利な立地も魅力だ。

大阪周辺ではユニバーサル・スタジオ・ジャパンでハリー・ポッターなどの人気アトラクションが注目を集めているほか、関西国際空港では海外からの利用者が増加していおり、需要の増加も対応したいとしている。

ホテル日航大阪の予約はこちらから

プレスリリース:客室改装3ヵ年計画スタート(PDF)

記事カテゴリー

2014年10月24日

» ページ上部へ戻る