国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > スプリングジャパン(春秋航空日本)、成田=関西線を2017年10月28日で運休

スプリングジャパン(春秋航空日本)、成田=関西線を2017年10月28日で運休

成田空港を拠点とするLCCのスプリングジャパン(IJ)は、2017年10月28日をもって成田=関西線を運休する。

春秋航空日本のB737-800
春秋航空日本のB737-800

2017年10月29日から2018年1月15日の航空券販売に関するリリースで明らかにしたもので、同社では「関西空港に発着する訪日旅客の関東方面へのツアー需要が伸びず、十分な搭乗率が見込めないことから運休といたします。」としている。

また「状況を見ながら再開の予定です。)」としており、撤退ではなくあくまでも一時的な運休扱い。同社の成田=関西線は、2016年9月に就航した新しい路線で、約1年での運休となる。

スプリングジャパンでは引き続き、日本国内線で成田=広島、成田=佐賀、成田=新千歳を運航するが、成田=佐賀については現行の1日2便から1日1便へと減便する。

プレスリリース:Spring Japan 2017年冬ダイヤ国内線航空券販売開始(PDF)

記事カテゴリー: 航空会社 | 2017年8月31日

» ページ上部へ戻る