国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > JAL(日本航空)のA350-900、羽田=福岡線で2019年9月1日で新規就航

JAL(日本航空)のA350-900、羽田=福岡線で2019年9月1日で新規就航

JAL(日本航空)は、 かねてから導入を計画していた最新鋭機エアバスA350-900型機を、2019年9月1日(日)から東京・羽田=福岡線へ就航する。

就航後は順次、羽田=札幌・新千歳線、羽田=沖縄・那覇線にも就航路線を拡大する。

初便は 2019年9月1日の羽田発 JL317便で、羽田12:10発、福岡14:00着で運航。復路はJL318便で、福岡15:00発、羽田着16:40着での運航となる。

座席は、国内線ファーストクラス12席とクラスJ 94席、普通席263席の3クラスで全369席。一新した機内デザインに、全座席に個人画面と電源を用意している。

新型機の導入に併せて、初号機から3号機までは特別塗装機として運航。 初号機(機番:JA01XJ)は「“挑戦“のレッド」、 2号機(機番:JA02XJ)は「“革新”のシルバー」、3号機(機番:JA03XJ)は「“エコ”のグリーン」をイメージカラーに採用する。

エアバスA350は、2013年6月に初飛行し、2014年に就航した大型双発旅客機。日本の航空会社では、JALがはじめて導入する。

便名出発地・時刻到着地・時刻
JL303 *羽田 06:15福岡 08:05
JL317羽田 12:10福岡 14:00
JL329羽田 18:10福岡 20:00

※2019年9月1日のJL303便はB777-200で運航

便名出発地・時刻到着地・時刻
JL306 *福岡 09:00羽田 10:35
JL318福岡 15:00羽田 16:40
JL332福岡 21:00羽田 22:40

※2019年9月1日のJL306便はB777-200で運航

プレスリリース:新型機エアバスA350-900、9月1日東京(羽田)=福岡線就航

» ページ上部へ戻る