国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > JR磐越西線「あいづ」で指定席着席サービスを開始、2020年3月14日ダイヤ改正で

JR磐越西線「あいづ」で指定席着席サービスを開始、2020年3月14日ダイヤ改正で

JR東日本は、2020年3月14日(土)ダイヤ改正からJR磐越西線で運転する快速列車「あいづ」に指定席着席サービスを開始する。

郡山駅と会津若松駅を結ぶ列車「あいづ」の3往復に、リクライニングシートの付いた指定席車両を導入する。

導入車両は、E721系1編成で、座席数は14席。

指定料金は530円(閑散期は330円)を設定するが、2020年2月下旬~3月13日(金)のダイヤ改正前までは無料期間とする。

指定席着席サービスが導入されるのは、郡山発‐会津若松行きの下り「あいづ1号、「あいづ3号」、「あいづ5号」、会津若松発‐郡山行きの上り「あいづ2号」、「あいづ4号」、「あいづ6号」の3往復。

列車名両数郡山 発会津若松 着
あいづ1号4両10:4111:50
あいづ3号4両15:4516:50
あいづ5号2両19:4820:56
列車名両数会津若松 発郡山 着
あいづ2号2両09:0910:11
あいづ4号4両14:1315:19
あいづ6号4両17:1018:15

途中の停車駅は、郡山富田駅、喜久田駅、磐梯熱海駅、猪苗代駅、磐梯町駅。

JR東日本では、指定席着席サービスの導入に合わせて、企画やイベントを予定している。

記事カテゴリー

2019年12月14日

» ページ上部へ戻る