国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > 2017年6月に特急ちばかいじ号を運転、千葉-甲府をE257系で

2017年6月に特急ちばかいじ号を運転、千葉-甲府をE257系で

JR東日本は、2017年6月の一部土日に特急「ちばかいじ号」を千葉-甲府駅間で運転する。

[追記] 2017年9月に特急「ちばかいじ号」を運転、千葉-甲府をE257系で

日程は6月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)の計6日で、E257系500番台5両編成、全車普通車指定席で運転される。

E257系500番台の特急ちばかいじ号
E257系500番台の特急ちばかいじ号

途中の停車駅は、総武線内の津田沼、船橋、錦糸町、中央線内の新宿、三鷹、立川、八王子、大月、勝沼ぶどう郷、塩山、山梨市、石和温泉と終点の甲府。

往路は千葉駅を朝の8時18分に出発、終着の甲府駅には11時03分に到着。復路は甲府駅を16時01分、終着の千葉駅には18時40分に到着するスケジュール。

千葉から山梨県方面へ1泊2日の旅行へ出かけるにはちょうど良い時刻に設定されてる。大月から富士急行線へ乗り換えれば、富士山・河口湖方面へ、甲府からは身延線方面、さらに中央本線で長野方面へ足を延ばせば小淵沢・清里方面へのアクセスにも活用できる。

JR東日本では毎日、千葉-南小谷駅(長野県)を走る特急「あずさ3号」、松本-千葉駅間を走る特急「あずさ30号」を運転しているほか、土休日には成田空港から河口湖行きの成田エクスプレスを運転している。

また5月には千葉から河口湖直通の快速「山梨富士号」の運転を予定している。

プレスリリース:春の増発列車のお知らせ(PDF)

» ページ上部へ戻る