国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > JR中央線が初電から終電まで快速運転に、各駅停車は千葉~三鷹間を終日直通、2020年3月14日ダイヤ改正

JR中央線が初電から終電まで快速運転に、各駅停車は千葉~三鷹間を終日直通、2020年3月14日ダイヤ改正

JR東日本は、2020年3月14日(土)ダイヤ改正でJR中央線JR中央・総武線各駅停車の輸送体系を変更する。

これまでJR中央線快速とJR中央・総武線各駅停車(緩行線)は、時間帯によって運転する車両や区間が変わっていたが、2020年3月ダイヤ改正では初電から終電まで統一を図る。

JR中央線快速とJR中央・総武線各駅停車
JR中央線快速とJR中央・総武線各駅停車

ダイヤ改正の2020年3月14日(土) からは、JR中央線(東京駅を発着するオレンジ色の車両)は初電から終電まで快速運転、JR中央・総武線各駅停車(秋葉原・千葉方面に直通する黄色の車両)は初電から終電まで三鷹・中野~津田沼・千葉駅間で直通運転する。

現在、JR中央線(快速)はオレンジ帯の電車で運行し、主に高尾~東京駅間を朝5時台から夜の22~23時台頃まで運転しているが、ダイヤ改正以降は4時台の初電から25時台の終電まで終日「快速」運転を行う。これにより早朝から深夜まで「快速」や「中央特快」などが運転される。

早朝に運転されるJR中央線の各駅停車(ダイヤ改正で廃止)
早朝に運転されるJR中央線の各駅停車(ダイヤ改正で廃止)

JR中央・総武線各駅停車は、早朝・深夜帯において中央線の車両( オレンジ帯 )と総武線各駅停車の車両(黄色帯)が混在。オレンジ帯の車両は主に高尾~東京駅間(一部はJR中央本線に大月駅、青梅線の青梅駅まで直通)、黄色帯の車両は主に三鷹~千葉駅間(早朝・深夜帯は立川駅、武蔵小金井駅まで直通)で運転されている。

ダイヤ改正以降は、JR総武線の千葉方面と直通する黄色帯の車両でのみ運転され、東京駅を発着するオレンジ帯の車両(中央線の車両)で運転される各駅停車は廃止される。また総武線の車両は、三鷹~立川駅間への乗り入れが取りやめとなる。

JR中央線の終電では、現在は下りが高尾行き、武蔵小金井行き、三鷹行きの順番に「各駅停車」が運転されているが、改正後は高尾行き、豊田行き、武蔵小金井のいずれも「快速」が運転され、発着時刻が変更される。三鷹行きの終電は、千葉方面からの各駅停車が直通運転する。

上り終電の東京行き各駅停車も快速となり、千葉方面行きの終電は三鷹駅または中野駅始発に変更となる見込み。

今回の輸送体系変更は、2020年東京五輪(オリンピック)開催前までに会場へのアクセスで利用者が増えると見込まれる千駄ケ谷駅、信濃町駅にホームドアが設置される予定で、現状ではホームドアに対応しない中央線の車両(オレンジ色)を各駅停車(緩行線)の運転から外す必要があったのがその理由とされている。

またJR中央線快速は、準備が進められているグリーン車導入後は現在の10両から12両編成へと車両数が増えることから、12両化に対応しない各駅停車 (緩行線)の駅には中央線の車両(編成)が発着できないという要因もある。

■ダイヤ改正でなくなるとみられる列車
・JR中央線(オレンジ色)の各駅停車(東京駅発着)
・JR中央線の終電「各駅停車 青梅」、「各駅停車 高尾」、「各駅停車 武蔵小金井」、「各駅停車 三鷹」(東京駅発)、「各駅停車 中野」(高尾駅発)
・東中野、大久保、代々木、千駄ケ谷、信濃町、市ケ谷、飯田橋、水道橋に停車するオレンジ色の電車(東京駅発着)
・土休日ダイヤで西荻窪、阿佐ケ谷、高円寺に停車するオレンジ色の電車(東京駅発着)
・JR中央・総武線各駅停車(黄色)の御茶ノ水行き
・JR中央・総武線各駅停車(黄色)の御茶ノ水始発
・JR中央・総武線各駅停車(黄色)の武蔵小金井始発
・JR中央・総武線各駅停車(黄色)の国分寺始発
・JR中央・総武線各駅停車(黄色)の立川始発

■ダイヤ改正により誕生する列車
・JR中央線(オレンジ色)の終日「快速」運転
・ JR中央線(オレンジ色) の終電「快速 高尾」、「快速 豊田」、「快速 武蔵小金井」
・ JR中央・総武線各駅停車(黄色)の三鷹発 ‐ 千葉行き初電
・JR中央・総武線各駅停車(黄色)の千葉発‐三鷹行き終電

記事カテゴリー

2019年12月16日

» ページ上部へ戻る