国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > 東北・北陸新幹線の仙台-金沢をE7系で直通運転、旅行商品限定で2016年11月に

東北・北陸新幹線の仙台-金沢をE7系で直通運転、旅行商品限定で2016年11月に

JR東日本は、東北新幹線の仙台駅から北陸新幹線の金沢駅へ直通する列車を、2016年11月に旅行商品限定で運転する。

一般的に東北から北陸方面へ新幹線でアクセスする場合、大宮駅で東北新幹線から北陸新幹線または上越新幹線への乗り換えが必要になるが、大宮駅で折り返すことにより直通運転を実現する。

運転日は、仙台発-金沢行が2016年11月7日(月)、金沢発-仙台行が11月8日(火)で、両日ともに北陸新幹線で使用されているE7系での運転を計画している。

W7系
北陸新幹線

途中の停車駅は、東北新幹線の福島、郡山、北陸新幹線の黒部宇奈月温泉、富山、新高岡のみで、折り返す大宮駅での途中下車はできない。

旅行商品は今後、びゅうトラベルサービスや旅行会社各社が発表・発売する予定で、宮城県、福島県などから富山県、石川県などの北陸エリアへの便利なツアー商品が期待できそうだ。

仙台-金沢駅間の発着時刻はこちら。
仙台 10:36発
福島 10:59発
郡山 11:14発
黒部宇奈月温泉 13:52着
富山 14:05着
新高岡 14:14着
金沢 14:30着

金沢-仙台駅間の発着時刻はこちら。
金沢 17:26発
新高岡 17:40発
富山 17:50発
黒部宇奈月温泉 18:03発
郡山 20:45着
福島 21:08着
仙台 21:34着

プレスリリース:仙台~金沢間 旅行商品専用の直通新幹線運転について

記事カテゴリー: 電車・列車 | 2016年9月9日

» ページ上部へ戻る