国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > JR両毛線に新駅「あしかがフラワーパーク駅」が2018年4月1日開業

JR両毛線に新駅「あしかがフラワーパーク駅」が2018年4月1日開業

JR東日本は、2018年4月1日にJR両毛線の新駅「あしかがフラワーパーク駅」を開業する。

新駅は、足利駅(あしかが)と富田駅(とみた)の間に新設され、運賃・料金は、当面の間は富田駅と同額となる。

所在地は栃木県 足利市 迫間町で、春の「大藤まつり」など四季折々の花々、冬季のイルミネーションが人気の「あしかがフラワーパーク」最寄り駅となる。

現在、「あしかがフラワーパーク」は徒歩約13分の富田駅が最寄りとなっているが、新駅「あしかがフラワーパーク駅」の開業で、鉄道でのアクセスが格段に向上することが期待される。

あしかがフラワーパークの大藤
あしかがフラワーパークの大藤

JR両毛線は、栃木県の小山駅と群馬県の新前橋駅を結ぶ路線で、ほとんどの列車が高崎~小山間の普通列車(各駅停車)で運転されており、新駅にもすべての列車が停車する。

多くの来場者が訪れる藤やイルミネーションの期間には、一部日程で各地から直通する快速「足利藤まつり号」、快速「足利大藤まつり号」、快速「足利ライトアップ号」などが運転されている。

プレスリリース:両毛線新駅「あしかがフラワーパーク駅」が 2018 年4月1日に開業します! (PDF)

» ページ上部へ戻る