国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > 伊豆方面への観光特急列車の名称が「サフィール踊り子」に決定

伊豆方面への観光特急列車の名称が「サフィール踊り子」に決定

JR東日本ではかねてより導入を発表していた伊豆エリアの新たな観光特急列車の名称を「サフィール踊り子」 (さふぃーるおどりこ/SAPHIR ODORIKO)に決定した。

コンセプトは 「大 人の IZU 本物の IZU」で、 宝石のサファイヤのような青く輝く美しい伊豆の海と空をイメージさせ、上質・高級で優雅な旅を楽しんでも らいたいという願いから「サファイヤ」(英語)を「サフィール」(仏語)の名前を採用。

列車ロゴも「宝石のサファイヤ」をイメージして制作しているほか、JR東日本で初となる「プレミアムグリーン車」のロゴも発表した。

「サフィール踊り子」の運転開始時期は、2020年春を予定しており、東京駅・新宿駅と伊豆急行線の伊豆急下田駅を直通運転で結ぶ。

車両型式はE261系、8両編成を導入。1号車が「プレミアムグリーン車」(1+2列)、2~3号車が「グリーン個室」、4号車が「ヌードルバー」、5~8号車が「グリーン車」(2+1列)で、定員164名。

伊豆方面の先頭車となる1号車は、JR東日本初の「プレミアムグリーン車」で、横2席だけのゆったりとしたプレイベート空間とくつろぎの空間を両立。座席横の窓に加えて天窓からもダイナミックな車掌が楽しめる。収納スペースは座席下に配置する。

2~3号車「グリーン個室」で、家族やグループでの利用に最適な個室タイプ。カフェをイメージしたプレイベート空間は、4名様用と6名様用を用意。

4号車は「ヌードルバー」として食事が楽しめるカウンター席とボックス席を用意。こだわりの麺料理を目の前で調理するオープンスタイルのキッチンを採用する。

5~8号車は「グリーン車」で、1席+2席の横3席レイアウト。伊豆の自然をイメージしたリラックスできる空間は、天窓からも心地よい光が降り注ぐ。

2019年5月現在、東京エリアと伊豆エリアを結ぶ特急では、JR東日本の「特急踊り子」と「特急スーパービュー踊り子」が運転されている。

» ページ上部へ戻る