国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > JR東日本、2019年6月末で新幹線・特急のホットコーヒー車内販売を取りやめ

JR東日本、2019年6月末で新幹線・特急のホットコーヒー車内販売を取りやめ

JR東日本は、同社が運行する新幹線と在来線特急列車において、ホットコーヒーの車内販売を2019年6月末で取りやめる。

新幹線で対象となる路線・列車は、東北新幹線「はやぶさ」と「はやて」、山形新幹線「つばさ」、秋田新幹線「こまち」、北陸新幹線「かがやき」と「はくたく」、上越新幹線「とき」。

在来線の特急列車では、JR中央本線「特急あずさ」と「特急かいじ」、JR常磐線「特急ひたち」、伊豆方面の「特急スーパービュー踊り子」、JR羽越本線「特急いなほ」の各列車。

2019年7月1日以降の販売商品は、ソフトドリンク類(ペットボトル)、菓子類、アルコール類、つまみ類となる。

また北陸新幹線では「かがやき」と「はくたか」で車内販売として取り扱っていたお弁当、軽食類(サンドウィッチ類)、デザート類、お土産類、雑貨類の販売を2019年6月末で取りやめる。

JR東日本では、グランクラスサービスとスーパービュー踊り子号「グリーン車サービス」については、これまで通り継続するとしている。

プレスリリース:新幹線・在来線特急列車の車内販売サービスの取扱品目の見直しについて(PDF)

» ページ上部へ戻る