国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > 伊豆方面への特急踊り子に2020年春からE257系リニューアル車両を順次投入

伊豆方面への特急踊り子に2020年春からE257系リニューアル車両を順次投入

JR東日本は、首都圏と伊豆方面を結ぶ「特急踊り子」、「特急スーパービュー踊り子」に2020年春頃からリニューアル車両を順次投入する。

現在、伊豆方面への特急列車では、特急スーパービュー踊り子に251系、特急踊り子に185系が使用されているが、E257系のリニューアル車両に置き換える。

251系のスーパービュー踊り子
251系のスーパービュー踊り子

投入される車両は、これまで山梨・長野方面のJR中央本線などで使用していたE257系0番台をリニューアルしたE257系2000番台を13編成(9両両)、千葉方面のJR外房線やJR内房線で使用していたE257系500番台をリニューアルしたE257系2500番台を4編成(5両)。

いずれも伊豆急下田方向が1号車で、E257系2000番台には1~9号車を割当、E257系500番台に10~14号車を割り当てる。

どちらの編成にも、従来のトイレに加えて、フリースペースや荷物置き場を設ける。

車両外観は、伊豆の「空の色」と「海の色」をイメージした「ペニンシュラブルー」を基調。とくに側面デザインでは、中央本線時代の四季の彩りを表現した武田 模様の面影はなく、 東海道線沿線の新しい原風景の創出となるようなデザインに仕上がっている。

車内インテリアでも、伊豆らしい色彩を使用。普通車では座席モケットのほか、 側小天井パネル、カーテン生地を新調。グリーン車では、蛍光灯の交換や床面の張り替えも行なった。

また座席窓側には電源コンセントも用意しており、旅行や出張での移動中でもスマートフォンなどへの充電、パソコン利用などで利便性を高めた。

従来の251系(スーパービュー踊り子)は1990年にデビュー、185系は国鉄時代の1981年にデビューしており、いずれも老朽化が進んでいた。JR中央本線では2019年3月ダイヤ改正で、「あずさ」や「かいじ」などの特急車両をE353系に統一しており、E257系の出番は一部の臨時列車のみとなっていた。

2019年11月現在、JR東日本では「特急踊り子」を東京・新宿~伊豆急下田駅間(伊豆急行線直通)と東京~修善寺駅(伊豆箱根鉄道駿豆線直通)、「特急スーパービュー踊り子」を東京・新宿~伊豆急下田駅間 (伊豆急行線直通) で運転している。

プレスリリース: 特急「踊り子」にリニューアル車両を順次投入します (PDF)

» ページ上部へ戻る