国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > 札幌~函館駅間の特急を「スーパー北斗」に統一、2018年3月17日ダイヤ改正で

札幌~函館駅間の特急を「スーパー北斗」に統一、2018年3月17日ダイヤ改正で

JR北海道は、2018年3月17日ダイヤ改正で札幌~函館駅間の特急列車を「スーパー北斗」に統一する。

現在、札幌~函館駅間を走る特急列車は、183系で走る特急「北斗」と281系・261系で走る特急「スーパー北斗」があるが、新製した261系20両を投入することにより、老朽化した183系を置き換える。

変更される列車は、函館発の北斗3号、北斗13号、北斗17号、札幌発の北斗8号、北斗12号、北斗22号、ダイヤ改正後にはそれぞれ「スーパー北斗」に変更される。

車両の変更により所要時間の短縮が図られ、函館~札幌間で最大約9分早くなる。

特急「スーパー北斗」の停車駅は、札幌、新札幌、南千歳、苫小牧、登別(2号は通過)、東室蘭、伊達紋別、洞爺(2号は通過)、長万部、八雲、盛、大沼公園、新函館北斗、五稜郭、函館で、一部の列車は大沼公園を通過する。

途中の新函館北斗では、北海道新幹線との乗換ができる為、東北や首都圏から北海道旅行やビジネスでの利便性が向上することが期待される。

プレスリリース:平成30年3月ダイヤ改正について

記事カテゴリー: 電車・列車 | 2017年12月18日

» ページ上部へ戻る