国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > 小田急電鉄、箱根湯本に大型日帰り温泉施設を建設へ

小田急電鉄、箱根湯本に大型日帰り温泉施設を建設へ

小田急箱根グループは2012年5月13日、「わかりやすい箱根、まわりやすい箱根」の向上を目的とした総額約35億円にものぼる大型投資を箱根地区で実施することを発表した。

この計画のなかで、箱根湯本駅から無料送迎バスで3分の好立地にある箱根湯本温泉の日帰り温泉施設「ひめしゃらの湯」を大幅にリニューアルして、新しい温泉施設としてオープンすることを明らかにした。

ひめしゃらの湯は美肌効果のあるアルカリ性単純温泉で、敷地内に3つの自家源泉を持っている本格的な日帰り温泉施設。

現在は2階建て鉄筋コンクリート造りの温泉施設を、木造平屋建ての建物として建設し、古民家風の里山温泉をイメージした「里山 湯治村」をコンセプトとする。

リニューアル後は最大の特徴として貸切個室露天風呂を19室用意し、家族やグループ利用の期待に応えるほか、うち1室はバリアフリーに対応するという。

塔ノ沢の緑豊かな環境に、男女各1箇所の露天風呂と壺風呂、癒し処棟、女性専用休憩室なども備え、レストラン棟も併設する。新施設の完成は2013年3月を予定している。

計画では日帰り温泉施設のほかにも、箱根海賊船新型海賊船の建造、箱根ロープウェ大涌谷駅舎の建替え、箱根登山電車新型車両の製造を決定しており、2013年3月以降に順次完成するとしている。

【箱根湯寮(はこねゆりょう)】
住所:神奈川県足柄下郡箱根町塔之澤4
営業時間:平日10時~21時,土休日10時~22時

参考:小田急箱根グループの大型設備投資について(PDF)

記事カテゴリー

2012年5月27日

» ページ上部へ戻る