国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > 大井川鐵道、2017年3月11日から接岨峡温泉-井川駅間を運転再開

大井川鐵道、2017年3月11日から接岨峡温泉-井川駅間を運転再開

大井川鐵道は、2017年3月11日の初電から接岨峡温泉~井川駅間(せっそきょうおんせん~いかわ)を運転再開する。

同区間は2014年9月2日に崩土災害の復旧工事により、長らく運休が続いていたが、約2年半ぶりに再開できる見込みとなった。当初は2016年11月頃の再開を計画していた。

大井川鐵道の千頭(せんず)~井川駅間は、アプト式列車で運転している勾配のきつい区間で、途中には日本一の急勾配や日本一の高さの鉄道橋、日本唯一の湖上駅として知られる奥大井湖上駅などがあり、観光列車として人気がある。

千頭~接岨峡温泉駅間は運転を続けていたが、接岨峡温泉-井川駅間(15.5km)が再開されることで、全線(25.5km)で運転が再開されることになる。再開区間には尾盛駅(おもり)、閑蔵駅(かんぞう)の2駅がある。

大井川鐵道では全線開通を記念して3月11日(土)、12日(日)の2日間で『SLフェスタin千頭』、18日(土)には『全線開通記念式典』を開催する予定だ。

千頭駅までのアクセスは、JR金谷駅(静岡県)から大井川鐵道に乗り換え千頭行きに乗るか、新金谷駅からSLやトーマス号、普通列車で千頭まで行く方法がある。

ニュースリリース:2017年3月11日(土) 井川線 復旧工事完了に伴う全区間開通のお知らせ | 大井川鐵道【公式】

記事カテゴリー: 電車・列車 | 2017年1月28日

» ページ上部へ戻る