国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう、りんくうタワーに2019年12月15日新規開業

オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう、りんくうタワーに2019年12月15日新規開業

関西国際空港から電車で約5分の「りんくうタウン駅」に直結する「りんくうタワー」内にホテル「オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう」が2019年12月15日開業した。

ホテル外観
ホテル外観

レセプションカウンター
レセプションカウンター

SiSりんくうタワーは「りんくうゲートタワービル」から改称した商業ビルで、ホテルは1階、2階、15階、16階、19~24階、26階部分にオープン。

1階はレセプション・ロビー、2階にカフェバー、他の階が客室となり高層階の客室からは、海や夜景を一望できる景観が楽しめる。

オリエンタルスイーツ リビングルーム
オリエンタルスイーツ リビングルーム

オリエンタルスイーツ ベッドルーム
オリエンタルスイーツ ベッドルーム

オリエンタルスイーツ バスルーム
オリエンタルスイーツ バスルーム

全258室のうちベッドタイプは、ダブル58室、ツイン193室、スイート7室を設定。客室グーレドには、デラックスツイン、 デラックスコーナーダブル、オリエンタルスイーツなど様々な広さや眺望をラインナップ。

ホテルコンセプトは、日本人の美意識を感じる要素を随所に取り入れた 「The Essence of Nippon」で、日本らしさを感じる旅の楽しみと寛ぎを提供する。

デラックスコーナーダブル ベイビュー35.6平方メートル
デラックスコーナーダブル ベイビュー35.6平方メートル

ゲストルーム デラックスツイン ベイビュー32.6平方メートル ベッドルーム
ゲストルーム デラックスツイン ベイビュー32.6平方メートル ベッドルーム

客室の約60%がリビングとベッドルームがそれぞれ独立しており、広々とした空間を実現。現代的でスタイリッシュなインテリアに、日本の伝統色をさりげなく添え、落ち着いたデザイン空間を演出している。

2回のカフェ「EXPRESS Café」は、 朝食からランチタイム、カフェタイム、バータイムまで営業。朝食では3種のスープバーや自分で具材をトッピングしてリゾットやあじやを作れるコーナーを設置。卵料理やシリアルなど朝食の定番料理も充実している。

ランチタイムには、3種類のホットドッグセットに加えて、大阪・堺エリアに店舗がある人気のケーキハウス「リバージュ」のスイーツを販売 。テイクアウトも可能で客室で食べることもできるほか、宿泊者はコーヒーや紅茶などを無料テイクアウトできる(11:00~22:00)。

ホテルは、関西国際空港へのアクセスにも便利なJR関西空港線南海空港線りんくうタウン駅」に直結。乗り継ぎや出発時の前泊、帰国時の後泊にも利用できる。

オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくうは、株式会社HMJインターナショナルが運営を行い、日本全国で「オリエンタルホテル」ブランドを展開する株式会社ホテルマネージメントジャパンがマネジメント業務を担う。

■ホテル概要
名称:オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう
開業日: 2019年12月15日(日)
所在地:598-0048 大阪府泉佐野市りんくう往来北1
場所: SiSりんくうタワー内 1階(レセプション・ロビー)、 2階(カフェバー)、
15・16・19~24・26階(客室)

記事カテゴリー

2019年12月15日

» ページ上部へ戻る