国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > 令和元年度「さいたま市花火大会」の開催日が決定、2019年も3会場

令和元年度「さいたま市花火大会」の開催日が決定、2019年も3会場

例年、さいたま市内の3会場で開催される「さいたま市花火大会」について、令和元年度(2019年度)の開催日が決定した。

大和田公園会場は2019年7月28日(日) 19:30から、東浦和 大間木公園会場は2019年8月10日(土) 19:30から、岩槻文化公園会場は2019年8月17日(土)19:30 から開催される。

大和田公園会場は、 東武アーバンパークライン(東武野田線)の大宮公園駅または大和田駅から徒歩15分。 2019年7月28日(日) 19:30 から約5,000発、最大4号の花火が打ち上がる(昨年実績)。荒天の場合は翌日に順延を予定。

大和田公園会場の花火
大和田公園会場の花火

東浦和 大間木公園会場は、JR武蔵野線の東浦和駅から「観覧場所誘導ルート」を通って徒歩15分。2019年8月10日(土) 19:30 から約5,000発、最大2.5号が打ち上がる(昨年実績)。荒天の場合は翌日に順延を予定。

東浦和 大間木公園会場の花火
東浦和 大間木公園会場の花火

岩槻文化公園会場は、東武アーバンパークライン(東武野田線)の岩槻駅または東岩槻駅から徒歩約40分。2019年8月17日(土) 19:30 から約3,600発、最大3号の花火が打ち上がる。荒天の場合は19日(月)に順延を予定している。

文化公園会場の花火
文化公園会場の花火

花火大会情報:
さいたま市花火大会 大和田公園会場
さいたま市花火大会 東浦和 大間木公園会場
さいたま市花火大会 岩槻文化公園会場

記事カテゴリー: 埼玉県 | 2019年4月17日

» ページ上部へ戻る