国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > 仙台空港、旅客取扱施設利用料を導入、2018年10月28日から

仙台空港、旅客取扱施設利用料を導入、2018年10月28日から

仙台空港は、2018年10月28日(日)から、旅客サービス施設使用料(PSFC)と旅客保安サービス料(PSSC)を導入する。

仙台空港では就航航空会社や運航便の拡大を目指しており、ターミナルビルの拡張工事を実施している。このターミナルビル拡張部分の供用開始時期に合わせて、使用料を導入することとした。

対象となるのは、国内線と国際線いずれも「2018年10月28日以降の利用」で、国際線について「2018年9月28日以降の発券分」に限定される。

国内線では、旅客サービス施設使用料(PSFC)のみが導入され、「到着/出発 大人1人あたり(満12歳以上)」で230円、「小人1人あたり(満3歳以上満12歳未満)」で120円。

国際線では、旅客サービス施設使用料(PSFC)が「出発 大人1人あたり(満12歳以上)」で600円、「出発 小人1人あたり(満2歳以上満12歳未満)」で300円。また旅客保安サービス料(PSSC) が「出発 大人・小人1人あたり」で110円。

いずれも航空券の発券時に、航空運賃と合わせて支払いが必要となるため、事前の予約・購入であれば、空港での支払いは必要ない。料金は消費税等を含んでいる。

PSFCやPSSCについては、既に成田空港や羽田空港、関西国際空港(国内線は一部ターミナル)、中部国際空港、新千歳空港(国際線のみ)が導入しており、一般的に「空港税」と呼ばれることもある。

プレスリリース:旅客サービス施設使用料等の導入について

記事カテゴリー: 航空会社 | 2018年8月30日

» ページ上部へ戻る