国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > スカイマーク、B787-800型機「JA73AB号機」の運航開始

スカイマーク、B787-800型機「JA73AB号機」の運航開始

航空会社のスカイマーク(BC)は、2019年5月24日(金)にボーイング社より受領したB737-800型機「JA73AB号機」の運航を、5月29日(水)から開始した。

当初の予定では5月28日(火)から定期便でのフライトを開始するとしていたが、実際の初便は5月29日(水)の羽田発・鹿児島行き BC301 便となった。

JA73AB号機の受領で、スカイマークが保有する機材は合計28機で、すべてボーイングB737-800型機となっている。

2018年8月12日にはJA73AA号機を導入しているが、 JA73AB号機も座席数は177席で機内の仕様は同様のものとなっている。

2019年5月現在、スカイマークでは国内11空港に就航。羽田、札幌(新千歳)、仙台、茨城、名古屋(中部)、神戸、福岡、長崎、鹿児島、奄美大島、那覇(沖縄)の各空港から路線網がある。

また一部期間で、成田空港からサイパンへの国際線チャーター便を運航している。

プレスリリース: B737‐800 型機 『JA73AB 号機』 運航開始のお知らせ (PDF)

» ページ上部へ戻る