国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > 東武伊勢崎線と東京メトロ日比谷線を直通する座席指定制「THライナー」が2020年6月6日から運行開始

東武伊勢崎線と東京メトロ日比谷線を直通する座席指定制「THライナー」が2020年6月6日から運行開始

東武鉄道と東京メトロは、2020年6月6日(土)から東武伊勢崎線東京メトロ日比谷線を直通する座席指定制列車「THライナー」を運行開始する。

THライナーのロゴ

運行区間は、上りが久喜発の恵比寿行き、下りが霞ケ関発の久喜行きで毎日運転する。

使用車両は、日比谷線との直通用車両として活躍する東武70000系の派生型となる新造車両の東武70090型。デザインは70000系を周到しつつ、スピード感と先進性を表現するスラッシュラインを設けた。

東武鉄道 新造車両 70090型
東武鉄道 新造車両 70090型

座席は 、ロングシートとクロスシートを転換でき、ハイバック仕様の座席を採用することで、THライナーでの運行時にはプレイベート性を高める。

また「Tobu Frew Wi-Fi」が利用できるほか、各座席に電源コンセントとドリンクホルダー、荷物フックを用意する。

「THライナー」の座席
「THライナー」の座席

予定している運転時間帯は、平日ダイヤの上り列車が久喜駅を6時台と8時台の各1本(計2本)、下り列車が霞ケ関駅を18~22時台の毎時1本(5分)で、通勤通学時間帯の利便性を高める。

土休日ダイヤでは、上り列車が久喜駅を8時台と9時台の各1本(計2本)、下り列車が霞ケ関駅を16時~20時台の毎時1本(計5本)となる。

「THライナー」停車駅
「THライナー」停車駅

停車駅は、東武伊勢崎線内の久喜駅、東武動物公園駅、春日部駅、せんげん台駅、新越谷駅、東京メトロ日比谷線内の上野駅、秋葉原駅、茅場町駅、銀座駅、霞ケ関駅、虎ノ門ヒルズ駅、神谷町駅、六本木駅、広尾駅、恵比寿駅。

恵比寿方面行きの上りは、伊勢崎線内が乗車専用、日比谷線内の上野~銀座間が降車専用、霞ケ関~恵比寿駅はフリー乗車区間となる。

久喜方面行きの下りでは、日比谷線内が乗車専用、伊勢崎線内が降車専用駅となる。

THライナーの運行時刻や料金、ダイヤ改正等の詳細は、決め次第発表される。

記事カテゴリー

2019年12月19日

» ページ上部へ戻る