国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > 東武鉄道、SL「大樹」を2017年8月10日から運転開始

東武鉄道、SL「大樹」を2017年8月10日から運転開始

東武鉄道はかねてから進めている『SL復活運転プロジェクト』について、営業運転開始日を2017年8月10日(木)に決定した。

運転日は、土休日が中心で、2017年度は年間100日を予定。運転区間は、東武鬼怒川線の下今市~鬼怒川温泉駅間(いずれも栃木県)の12.4kmで、1日3往復する。所要時間は片道35分を計画している。

デビューするC11形SL「大樹」(たいじゅ)の車両編成は、「SL+車掌車+客車1+客車2+客車3+DL」の5両編成で、座席定員数は約200席を予定している。

車両は全国の鉄道会社から貸与・譲渡されたもので、SLのC11形207号機はJR北海道から、車掌車はヨ8634はJR貨物から、ヨ8709はJR東海から、客車のスハフ14-1、スハフ14-5、オハフ15-1、オハ14-1、オロ12-5、オロ12-10はJR四国から、DLのDE10-1099はJR東日本から集まった。試運転は5月頃から始まる計画となっている。

また同様に譲渡された転車台は、JR西日本が所有していた山口県の長門市駅転車台を下今市駅に、広島県の三次駅転車台を鬼怒川温泉駅に設置する。

運転拠点は下今市駅で、昭和レトロ感のある駅舎への全面改修が進められているほか、見学エリアとSL機関庫が新設される。各種検査を行うを埼玉県久喜市の南栗橋車両管区は、2016年7月に完成済みだ。

今後、8月のデビューに向けて乗務員訓練が行われる予定で、JR北海道やSLを運転している秩父鉄道、大井川鐵道、真岡鐵道が協力するという。

東武鉄道では、2017年4月21日のダイヤ改正に合わせて新型特急「リバティ」(500系)を導入する。浅草-会津鉄道・会津田島駅へ「リバティ会津」としても運転する計画で、途中駅ではSLとの接続も見込んでいる。

プレスリリース:東武鬼怒川線で復活するSL「大樹」の営業運転開始日を2017年8月10日(木)に決定!(PDF)

記事カテゴリー: 電車・列車 | 2017年2月6日

» ページ上部へ戻る