国内旅行ニュース

旅行ガイド > 国内旅行 > 国内旅行ニュース > 東京メトロ日比谷線の新駅名が「虎ノ門ヒルズ」に決定、霞ケ関~神谷町駅間に2020年開業予定

東京メトロ日比谷線の新駅名が「虎ノ門ヒルズ」に決定、霞ケ関~神谷町駅間に2020年開業予定

東京メトロは、東京メトロ日比谷線の霞ケ関駅~神谷町駅間に建設中の新駅の名前を「虎ノ門ヒルズ駅」とすること発表した。

駅が開業する場所は、虎ノ門ヒルズに隣接しているほか、再開発事業で整備される「虎ノ門ヒルズステションタワー」と直結することから、駅名を「虎ノ門ヒルズ駅」としたとしている。

また東京メトロ銀座線の「虎ノ門駅」とは約435mの地下歩行者通路で結ばれ、約7分で乗り換えができるようになる。

駅名称は「虎ノ門ヒルズ」で、かな表記は「とらのもんひるず」、英語表記は「Toranomon Hill」、駅ナンバリングは「H06」となる。

なお虎ノ門ヒルズ駅の開業に伴い、霞ケ関駅から北千住駅までの駅ナンバリングが変更される。

開業時期は、2020年の供用開始を計画しており、最終完成は2022年を予定している。

プレスリリース:日比谷線新駅の名称を「虎ノ門ヒルズ駅」に決定しました!

記事カテゴリー: 電車・列車 | 2018年12月5日

» ページ上部へ戻る