海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > アムトラック、チケット購入・車内販売でJCBが利用可能に

アムトラック、チケット購入・車内販売でJCBが利用可能に

全米で旅客列車を運行するアムトラック(Amtrak)は、JCBのクレジットカードが利用できるようになったことを発表した。

アムトラックでは長年、駅窓口や公式ウェブサイトにおいてJCBが利用できなかったが、2017年12月より取り扱いを開始していた。

公式ウェブサイト(amtrak.com)でのチケット購入はもちろん、駅窓口でのチケット購入、列車内の食堂車やカフェなどの車内販売でもJCBが利用できる。

現在の対応ブランドはJCBのほか、マスターカード、VISA、アメリカン・エキスプレス、ディスカバリー、中国銀聯(ユニオンペイ)、ダイナースクラブ、UATPとなっている。

アムトラックは、日本語では「全米鉄道旅客公社」と略される共企業体で、北米で旅客鉄道を運行している。西海岸、東海岸やシカゴ近郊では通勤通学路線としての機能があるほか、西海岸のシアトル、エメリビル(サンフランシスコ近郊)、ロサンゼルスとシカゴを結ぶ長距離列車、シカゴと東海岸のニューヨークシティ、ワシントンDCを結ぶ列車もある。

日本からも旅行者でも、都市間の移動や長距離列車での鉄道の旅を楽しむ利用がみられる。

プレスリリース:Amtrak Works with Discover Global Network to Offer Customers New International Credit Card Options – Amtrak Media

記事カテゴリー

2018年3月23日

» ページ上部へ戻る