海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > フィンエアー、2020年3月29日から羽田=ヘルシンキ線に新規就航

フィンエアー、2020年3月29日から羽田=ヘルシンキ線に新規就航

フィンエアー(AY)は、2020年3月29日(日)からの夏期スケジュールで羽田空港に新規就航、羽田=ヘルシンキ線の運航を開始する。

東京国際空港(羽田)と ヘルシンキ・ヴァンター国際空港(HEL)を結ぶ直行便で、毎日1往復を設定。

運航機材は最新鋭のA350-900型機(A359)で、エコノミークラスとビジネスクラスの2クラス制。

羽田=ヘルシンキ線でも同じワンワールドに加盟するJAL(日本航空)がコードシェアを設定する(JL6876便、JL6877便)。

フライトスケジュールは、羽田空港を深夜1時35分に出発、ヘルシンキには同日の午前5時30分に到着する。ヘルシンキへの飛行時間は約10時間。

日本行きは、ヘルシンキを深夜0時50分に出発、羽田には同日の16時15分に到着する。羽田への所要時間は約9時間30分。

2019年10月現在、フィンエアーでは成田=ヘルシンキ線、中部=ヘルシンキ線、関西=ヘルシンキ線を運航するほか、季節便として一部期間で福岡=ヘルシンキ線を運航している。

また2019年12月15日から札幌・新千歳=ヘルシンキ線の新規就航を予定している。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
AY62東京・羽田 (HND) 01:35ヘルシンキ (HEL) 05:30毎日
AY61ヘルシンキ (HEL) 00:50東京・羽田 (HND) 16:15毎日

記事カテゴリー

2019年10月8日

» ページ上部へ戻る