海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > エバー航空、中部=台北線に就航、2019年6月6日からB789で直行便

エバー航空、中部=台北線に就航、2019年6月6日からB789で直行便

スターアライアンスに加盟する台湾の大手航空会社、エバー航空(BR)は2019年6月6日、名古屋・中部=台北桃園線に新規就航する。

中部国際空港と台北桃園国際空港を結ぶ直行便で、運航機材には304席(ビジネスクラス26席)のB787-9型機を投入する。

フライトスケジュールは、中部を昼過ぎ12時55分に出発して、中部には15時10分に到着。台北発は朝7時55分で、中部には午前11時45分に到着する。

また名古屋のほか2019年には、青森空港や松山空港への定期便就航や成田、関西、沖縄、仙台への機材大型化を計画しており、日本からの台湾旅行がより便利になりそうだ。

エバー航空では2018年11月現在、台北と東京、大阪(関西)、札幌、函館、仙台、小松、福岡、沖縄(那覇)を結ぶフライトを週122便運航するほか、青森、秋田、福島、熊本、松山、長崎、徳島を発着するチャーター便を週177便運航している。

時刻表はこちら。

便名 出発地・時刻 到着地・時刻 曜日
BR 名古屋・中部 (NGO) 12:55 台北・桃園 (TPE) 15:10 毎日
BR128 台北・桃園 (TPE) 07:55 名古屋・中部 (NGO) 11:45 毎日

※フライトスケジュールは時期・出発日により異なります。航空会社ウェブサイトでご確認ください。

ニュースリリース:EVA to Expand Japan Services in 2019 Launching flights to Nagoya, Aomori and Matsuyama

記事カテゴリー

2018年11月28日

» ページ上部へ戻る