海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > LCCのノックエア、広島=バンコク(ドンムアン)線に新規就航、2019年12月18日から週3便

LCCのノックエア、広島=バンコク(ドンムアン)線に新規就航、2019年12月18日から週3便

タイのバンコク・ドンムアン空港を拠点とするLCC(格安航空会社)のノックエア(DD)は、2019年12月18日(水)から広島空港に新規就航する。

広島空港とドンムアン空港(DMK)を結ぶ直行便を、水・金・日曜日出発のの週3便で運航する計画だ。

ノックエアは、大手航空会社のタイ国際航空が出資して2004年7月に設立。2013年12月にはシンガポールのスクートとノックスクート(XW) を設立し、日本にも就航している。

ノックエアとしては、広島=バンコク・ドンムアン線が定期便の日本初就航となる。

2019年8月時点で、タイ国内線を22路線展開しているほか、ベトナムやミャンマー、中国への国際線を運航している。

広島路線の新規開設により、広島からバンコクへの旅行やビジネス渡航はもちろん、バンコクから乗り継いでタイ国内各地へのアクセスが向上することが期待される。

参考:ノックエア(広島~バンコク線)の就航について (PDF)

記事カテゴリー

2019年9月4日

» ページ上部へ戻る