海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > エアアジア・ジャパン、中部=台北線で初の国際線就航、2019年2月1日から毎日運航

エアアジア・ジャパン、中部=台北線で初の国際線就航、2019年2月1日から毎日運航

中部国際空港(セントレア)を拠点とするLCCのエアアジア・ジャパン(DJ)は、2019年2月1日から中部=台北(桃園)線に新規就航する。

エアアジア・ジャパンでは初の国際線となり、現在運航している中部=新千歳線に続く2路線目。

運航機材には、エアバスA320-200型機を導入。名古屋と台北を毎日1往復する。

フライトスケジュールは、セントレアを朝7時55に出発、台北の台湾桃園国際空港には午前10時40分に到着。

復路は、台北を午前11時40分に出発、セントレアには午後3時10分に到着。台湾旅行にもビジネスにも利用しやすい時刻となっている。

エアアジア・ジャパンでは、就航を記念して片道390円の特別運賃を設定。販売期間は、2018年12月24日の13時から2019年1月2日まで、 対象となる搭乗期間は2019年2月1日から3月30まで。

時刻表はこちら。

便名出発地・時刻到着地・時刻曜日
DJ803名古屋・中部 (NGO) 07:55台北・桃園 (TPE) 10:40毎日
DJ804台北・桃園 (TPE) 11:40名古屋・中部 (NGO) 15:10毎日

※発着時刻は時期・曜日により変更となる場合があります。最新のフライトスケジュールを航空会社ウェブサイトでご確認ください。

プレスリリース:エアアジア・ジャパン、名古屋(中部)-台北(桃園)線の就航を発表

記事カテゴリー

2018年12月22日

» ページ上部へ戻る