海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > デルタ航空、2017年5月24日で成田ー台北・桃園線を運休

デルタ航空、2017年5月24日で成田ー台北・桃園線を運休

アメリカの大手航空会社、デルタ航空(DL)は、2017年5月24日で成田ー台北・桃園線を運休する。

デルタ航空では合併したノースウエスト航空の路線を含めて、成田空港をハブとしてアジア方面への路線を運航してきた。しかし2016年に羽田空港の昼間時間帯でアメリカ本土路線を開設したことから、成田での乗り継ぎ需要は減っていた。

デルタ航空のB767-300
デルタ航空のB767-300

2017年1月現在、デルタ航空の成田とアジア各国を結ぶ路線では、シンガポール線、フィリピンのマニラ線、中国の上海・浦東線がある。

成田ー台北・桃園線においては、デルタ航空と同じスカイチームに加盟するチャイナエアラインが直行便を運航している。

またJALやANA、エバー航空、キャセイパシフィック航空のほか、LCCのジェットスター・ジャパン、バニラエア、タイガーエア台湾、スクートなど数多くの航空会社が就航しており、デルタ航空の運休による影響は大きくないとみられる。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日
DL69 成田 17:00 台北・桃園 20:35 月火金土日
DL579 成田 17:00 台北・桃園 20:35 水木
DL68 台北・桃園 11:30 成田 15:35 月木金土日
DL578 台北・桃園 11:30 成田 15:35 火水

記事カテゴリー: 航空会社 | 2017年1月17日

» ページ上部へ戻る