海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > デルタ航空、2020年2月6日から中国路線を半減、新型コロナウイルスの影響で

デルタ航空、2020年2月6日から中国路線を半減、新型コロナウイルスの影響で

スカイチームに加盟するアメリカの大手航空会社、デルタ航空(DL)は、中国・武漢を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により需要が減少してることから、中国路線を一時的減便する。

デルタ航空

2020年1月29日現在、デルタ航空ではアメリカ本土と中国本土を結ぶ路線で週42便運航しているが、約21便にまで減便して運航する。

公式ウェブサイトでは2月1日(土)からスケジュールに減便を反映する予定で、2月6日(木)から4月30日(木)までを対象とする。

予約済みの航空券については、2月1日以降に連絡をとり、変更などの対応を行うとしている。なお変更やキャンセルについては手数料免除などの特別対応を実施する。

デルタ航空では、デトロイト=北京(首都)線、シアトル=北京 (首都) 線、アトランタ=上海(浦東)線、デトロイト=上海 (浦東) 線、ロサンゼルス=上海線 (浦東) 、シアトル=上海線 (浦東) などの北米=中国直行便を運航している。一部便で中国東方航空(MU)や中国南方航空(CZ)がコードシェアしている。

ニュースリリース:Delta to temporarily reduce U.S.-China flying, continues to offer fee waiver for customers

記事カテゴリー

2020年1月30日

» ページ上部へ戻る