海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > エミレーツ航空、2018年10月28日から関西=ドバイ線にA380

エミレーツ航空、2018年10月28日から関西=ドバイ線にA380

アラブ首長国連邦ドバイのエミレーツ航空(EK)は、2018年10月28日から関西=ドバイ線に超大型気エアバス380-800(A388)を投入する。

関西国際空港(KIX)とドバイ国際空港(DXB)を結ぶ直行便で毎日運航。日本路線での日本語が話せるフライトアテンダントが乗務する。

エミレーツ航空のA380
エミレーツ航空のA380

座席数は、ファーストクラス・プレミアム・スイーツ14席、ビジネスクラス76席、エコノミークラス399席の全489席。

ファーストクラスではシャワー・スパが利用できるほか、ファーストクラスとビジネスクラスでは機内ラウンジも用意。

現行スケジュールではB777-300ERで運航しており、A380の投入で座席供給数が増えることになる。

2018年6月現在、エミレーツ航空では関西=ドバイ線のほか、成田=ドバイ線、羽田=ドバイ線を運航。成田線ではA380を使用している。

また日本発着路線では、JAL(日本航空)がコードシェアしている。ドバイ旅行へは直行便利用が定番で、A380の導入に期待が集まりそうだ。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日 飛行時間
EK317 関西 23:35 ドバイ 05:45 毎日 11時間10分
EK316 ドバイ 03:05 関西 16:55 毎日 8時間50分

ニュースリリース:Emirates to launch A380 services to Osaka, Japan

記事カテゴリー: 航空会社 | 2018年6月8日

» ページ上部へ戻る