海外旅行ニュース

旅行ガイド > 海外旅行 > 海外旅行ニュース > フィジー・エアウェイズ、成田=フィジー(ナンディ)直行便を就航、2018年7月3日から週3便で

フィジー・エアウェイズ、成田=フィジー(ナンディ)直行便を就航、2018年7月3日から週3便で

フィジーの国営航空会社、フィジー・エアウェイズ(FJ)は、2018年7月3日から成田=ナンディ線を運航することを発表した。

成田空港とビティレブ島のナンディ国際空港を結ぶ直行便で、2009年3月以来、約9年ぶりに日本からのフィジー直行便が再開する。

フィジー
© donyanedomam – Fotolia

運航機材は、エアバスA330-200またはA330-300型機で、座席数はビジネスクラス24席(座席配列は2+2+2)、エコノミークラス249席(座席配列は2+4+2)。年間約80,000席の座席を提供する計画だ。

ビジネスクラスには水平から8度角度まで調整可能なアングルライフラットシート、全席に個人用電源とコネクターを完備する。ロバート・オリバー シェフによる機内食を楽しめる。

フライトスケジュールは、成田を21時25分に出発、ナンディには翌日の朝9時頃に到着する。帰りはナンディを昼の13時15分に出発、成田には同日の19時30時に到着する利用しやすい時刻となっている。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日
FJ350 成田 21:25 ナンディ 09:05 *翌日 火金日
FJ35 ナンディ 13:25 グアム 19:30 火金日

日本からフィジーまでの飛行時間は約8時時半で、フィジーへのアクセスが格段に向上することから、2018年夏からはフィジー旅行が身近になりそうだ。

就航記念特別運賃として、諸税・燃油サーチャージ込みで56,200円からの成田=ナンディ往復運賃を予定しいている。

フィジー・エアウェイズは、2013年6月にエア・パシフィック航空から社名を変更しており、以前の直行便はフィジー・エアウェイズ時代。フィジー・エアウェイズとしての日本就航ははじめてとなる。

プレスリリース:2018年7月3日より成田=ナンディ線に新規就航!(PDF)

記事カテゴリー

2017年12月15日

» ページ上部へ戻る